>  >  > WANIMAの“黄金期”はここからだ!

石井恵梨子のチャート一刀両断!

WANIMAの黄金期はここからだ! 絶好調の『Everybody!!』チャートアクションから紐解く

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2018年1月29日付の週間CDアルバムランキング(2018年1月15日~2018年1月21日付・ORICON NEWS)

 キタコレ! というのはこういうタイミングで使う言葉なのだろうか。

 「はぁ? ずっと前からキテるよ」と呆れ顔のパンクキッズも相当数いるだろうが、もっと広義で、日本のロックミュージック、ひいてはポップミュージックという視点でも、いよいよWANIMAがキテいる。

 ……という文章を、1stアルバム『Are You Coming?』の発売によせて書きました。約二年半前、2015年11月のこと。インディーズで出たこの作品は、初週2.3万枚でチャート4位にランクイン。ほぼ無名の新人バンドとしては十分な「快挙」でしたし、その後時間をかけて累計8.8万枚までセールスを伸ばしました。冒頭の原稿を書いた私もおおいに満足したものです。ほらほら、言った通りになったでしょう? と。

WANIMA『Everybody!!』

 ごめんなさい。見誤っておりました。私のイメージはスケールが小さすぎたし、WANIMAが追いかける夢はもっと途方もないものだった。それを証明する今週のチャート。メジャー1stフルアルバム『Everybody!!』はなんと12.6万枚セールス。発売から一週間のうち、5日間はデイリーチャートのトップを奪取し、当然のように自己最高位の1位に輝いております。

 また、オリコンニュースによると、『Everybody!!』は週間デジタルアルバムランキングでも初週1万5225DLで1位に初登場。CDアルバムとデジタルアルバムで同時に1位を獲得したのは、米津玄師の『BOOTLEG』以来だそうです。

 前回の当コラムでは、音楽動画ランキング(YouTube Rewind発表)1位となったDAOKO×米津玄師の「打上花火」に触れ、いまのオリコンランキングは「どれだけコアファンを抱えているか」の目安であり、若い世代を中心に「広く聴かれていること」とは別の話だ、という記事を書きました(参考:安室奈美恵は“200万枚を売り上げた最後のアーティスト”となるか? 2017年最終週チャート分析)。その流れでいえば、今のWANIMAは「12万人以上のコアファン」を抱えつつ、パッケージを必要としないライトユーザーにも「広く聴かれている」状態。要するに、本当にキテいるし、大ブレイクしている。ここからが黄金期と言ってもいいでしょう。

 ライブハウスで獲得した3万人弱のファンが『Are You Coming?』を初週に買い求めたのだとすれば、今回『Everybody!!』に飛びついた12万人は、主にテレビでWANIMAと出会ったはず。au三太郎シリーズCM曲「やってみよう」を筆頭に、ドラマ『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)の主題歌「ヒューマン」、そして『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)も含めて多くの音楽番組で生演奏された「ともに」など、昨年のWANIMAはテレビメディアを意識的に攻めていきました。その結果がこんなにもわかりやすく出るのかと、なんだか目眩のする思いです。

      

「WANIMAの黄金期はここからだ! 絶好調の『Everybody!!』チャートアクションから紐解く」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版