>  >  > ARを活用した最先端グッズをレビュー

ARを活用したアーティストグッズの最先端? メイジー・ケイ「AR Record Book」レビュー

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 18歳のシンガーソングライター、MAISY KAY(メイジー・ケイ)が12月5日、渋谷CONTACTにてショーケースライブを開催した。

写真=Chris Graziano

 12月1日に日本デビューEP『Disguises』をリリースした彼女は、現在アメリカ・LAを拠点に活動中。気鋭のシンガー・Anlyとのコラボ楽曲「Distance feat. Anly」は12月14日付でSpotifyバイラルチャート(日本)で1位にランクインした。同曲のプロデュースは三代目J Soul Brothersや西野カナなどの楽曲も手掛けるJeff MIyahara氏が担当し、Jeff氏は今後メイジー・ケイの日本での展開もプロデュースしていくという。

写真=Hiroki NISHIOKA

 ショーケースでは表題曲の「Disguises」に続き、「Heart of the Ocean」をバックスクリーンにMVを流しながら歌唱。繊細でありながら表現力豊かなボーカルで観客を魅了すると、最後にはAnlyを迎えて「Distance」を披露した。「Distance」のレコーディングはタイトル通り日米の離れた場所で行ないAnlyとはこの日が初めての共演だったそうだが、息のあったパフォーマンスとなった。

 4年間楽曲制作に取り組んできた彼女のこれまでの集大成だという『Disguises』。イギリス・ロンドン生まれである彼女だが、日本人の情緒に訴えかけるようなメロディも多い。五輪真弓の「恋人よ」で受けた衝撃をメイジー・ケイの歌声に感じたというJeff氏の手腕もあり、「Distance」ではJ-POP的なキャッチーさも取り入れられている印象だ。

      

「ARを活用したアーティストグッズの最先端? メイジー・ケイ「AR Record Book」レビュー」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版