>  > NGT48メンバーに訊く“理想のセンター”

『世界はどこまで青空なのか?』インタビュー(その1)

NGT48 荻野由佳・小熊倫実・加藤美南・本間日陽に聞く、理想のアイドル&センター像

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NGT48が、2ndシングル『世界はどこまで青空なのか?』を12月6日にリリースする。同作は今年開催された『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』で、速報1位&最終結果5位という快挙を成し遂げた荻野由佳をセンターに起用した、グループの快進撃を示すような1作だ。

 今回リアルサウンドでは全3回のインタビューにわたり、勢いに乗っているグループの現在を紐解いていく。第1回となる今回は、荻野由佳・小熊倫実・加藤美南・本間日陽という、同作の表題曲とカップリングでセンターを務める4人を取材。ライターの大貫真之介氏を聞き手に迎え、彼女たちが目指す「理想のアイドル像とセンター像」や「NGT48の強み」について迫った。(編集部)

「大島優子さんが理想のセンター」(荻野) 

左から、本間日陽・加藤美南・小熊倫実・荻野由佳。

――荻野さんは、多くのオーディションで辛酸を舐めて、今回のセンターまで“這い上がった”印象が強いです。いろんなアイドルを見てきた荻野さんなので、理想としているセンター像もあるかと思います。

荻野由佳(以下、荻野):AKB48さんを好きになったきっかけである、大島優子さんが理想のセンターです。ご自身がキラキラしているだけじゃなく、まわりのメンバーやグループを輝かすことができる方なんですよ。大島さんのキラキラがグループ全体に伝染していったのかなって。私もキラキラを伝染させることができるようなセンターになりたいと思ってます。

荻野由佳

――『ナニカガイル』でセンターを務める本間さんは、渡辺麻友さんと対談をされたり、卒業コンサートにも参加したことで、何か得たものがあるんじゃないかと思います。

本間日陽(以下、本間):もちろんです。総選挙以降、麻友さんからいただいた刺激はすごく大きくて。今回、全員曲のセンターに立つというプレッシャーのなかで、麻友さんから教えていただいたことが支えになりました。

本間日陽

――加藤さんはNGT48結成時からセンターに立ってますよね。

加藤美南(以下、加藤):理想像を考える間もなく、アイドルがどういうものなのかもわからないままセンターに立ってました。「Maxとき315号」でセンターから外れた時、グループや自分自身を客観的に見ることができて、理想のセンター像も見えてきた気がします。その人だけでも曲の世界を表現できて、メンバーがいるともっと曲が輝くような存在なのかなって。

加藤美南

――さらに加藤さんは『豆腐プロレス』(テレビ朝日系)の期間は、SKE48の松井珠理奈さんと一緒にいる時間も長かったと思います。珠理奈さんからセンターオーラは感じましたか?

加藤:圧倒的オーラがありますよね。怖いくらいの覇気でした。珠理奈さんはずっとセンターにいて、プレッシャーを感じたことはたくさんあったと思うんですけど、「プレッシャーよりも楽しもうという気持ちのほうが強い」とおっしゃっていたことが印象的です。私が「どうやったら自信があるように見えますか?」と聞いたら、「どこにいても自分が一番だと思えば、ファンの方が押し上げてくれるから、自信がなくてもあるように見せるの!」と言われて。その言葉で自信が取り戻せるようになったんです。

――小熊さんはこれまでセンター曲はなかったんですよね。

小熊倫実(以下、小熊):そうです。今回、初めてセンターに立たせていただきました。私、お父さんが勝手に応募してアイドルになったんですけど。

――いまどき珍しいくらい「ザ・アイドル」な理由ですね。

小熊:フフフ。だから、アイドルのことをよく知らないままNGT48に入ったんですけど、グループに入ってからアイドルにハマって。いろんな動画を観るようになったんです。私が「すごいな」と思うアイドルの方は、観てる人を楽しい気持ちにして、自然と笑顔にさせてくれるんです。だから、私も観た方が笑顔になるような、何かを与えられるセンターになりたいと思ってます(笑顔)。

加藤:かわいい~。

本間:すでにかわいさを与えてもらってるよ! 村雲颯香という普段は奢ることが好きじゃないメンバーがいるんですけど、その村雲がつぐちゃんとホテルが同部屋になった時に「何か買ってあげたくなっちゃう!」と言ってましたから。それくらいのパワーを持ってるんですよ。

小熊倫実

――何を買ってもらったんですか?

小熊:何も買ってもらえなかったです(笑顔)。

荻野:買わなかったんかい!(笑)。

小熊:でも、そう言ってもらえたのがうれしかったです(笑顔)。

――優しいですね。経験者の3人から、小熊さんにセンターとしてのアドバイスはないですか?

本間:え〜。アドバイスなんて。私がデビューシングルでユニット曲のセンターになった時は、披露するすべての場所で緊張していましたし、自分が立っている意味をめっちゃ考えました。

加藤:センターに立つと孤独を感じるんですよ。つぐちゃんは普段から弱音を吐かないから、大丈夫かなと心配になります。

荻野:うん。気負いすぎないでほしい。メンバーに頼ってね。

加藤:そうだね。メンバーに頼ることも必要だから、その力をつけていくといいかもしれない。

小熊:ありがとうございます!

――表題曲センターの荻野さんが他のメンバーに頼ってもいいんですよね。

加藤:もちろん! といっても、最初からなんでも言ってくれるからね。

荻野:絶賛頼りまくり中です(笑)。頼れる仲間がいるって、素晴らしいなと思います。

加藤:逆に、AKB48の選抜で得たことを新潟に持って帰ってきてくれるから、本当に感謝してるよ!

「NGT48 荻野由佳・小熊倫実・加藤美南・本間日陽に聞く、理想のアイドル&センター像」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版