>  > MACO、ラブソング通した気づき

アルバム『メトロノーム』インタビュー

MACOが語る、ラブソングを歌って気づいたこと「“愛してる”は“生きてる”の実感にも繋がる」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MACOが、3枚目のオリジナルアルバム『メトロノーム』を11月15日にリリースする。同作には、MACO x ACUVUE®キャンペーンCMソング「恋するヒトミ」やJTB『知ることは、出会うこと。シンガポール篇』CMソング「恋の道」など全12曲を収録。これまではリスナーに“恋をしたい”と思わせる、幸福感溢れるラブソングを数多く世に送り出してきたMACO。しかし、今作では失恋ソングの「Sweet Memory」がリード曲であるように、多くの女性たちの心に響くような言葉を綴った楽曲がより一層増えている。自身の成長に伴い、歌われるテーマも深みが増している今、MACOは『メトロノーム』にどのような思いをこめたのだろうか? 本人にインタビューを行い、歌詞とサウンドの両面から作品の魅力に迫った。(編集部)【※インタビュー最後に読者プレゼントあり】

楽曲を通して“疑似失恋体験”をしてほしい

ーーアルバム『メトロノーム』の話に入る前に、前作アルバム『love letter』からここまでの話も伺わせてください。大きなトピックとしては、フォトエッセイ『タイムマシンができたなら。』の刊行がありました。音楽以外でも幅広く活動することで、何かフィードバックはありましたか?

MACO:故郷のことや歌手になるまでのことを書いていて、ファン以外の方の手にも取っていただいた実感はありますし、改めてMACOというシンガーがどういう価値観を持っているかも知ってもらえたと思います。

ーーCMソング「恋するヒトミ」も手掛けたりと、ますます好調のMACOさんですが、ここまでの2017年を振り返ってみてどうですか?

MACO:ツアーから始まった1年でしたね。途中には、アキュビュー®さんのCMに「恋するヒトミ」、JTBさんのCMに「恋の道」をそれぞれ起用してもらって、MACOの歌がこれまでよりも広く聴かれた年だと感じています。でも、自分では「まだまだ」なんですよ。ツアー自体もファイナルの横浜はどこか悔いが残っていて。それが「もっとやれたはず」という気持ちにも繋がっています。11月にこうやってアルバムを出して、ようやく来年に向けてスタートが切れるという感覚です。

ーー2017年はツアーから始まったということですが、それは今回のアルバム制作にも反映されているのでしょうか。

MACO:それはありましたね。みんなでミーティングを開いて、『love lettter』や『22』、『FIRST KISS』を改めて振り返ってみたんですよ。今までのMACOが持っていた良い部分ともう少し伸ばせるところを話し合ったこともあり、今回のアルバムでは少し前のMACOを思い起こさせる要素が核になっているんです。

ーーアルバムのタイトルである『メトロノーム』は、振り幅を見せつつ、しっかりとMACOさんの声が軸にあることを示す、良いタイトルだと感じました。

MACO:ありがとうございます。自分自身がみんなのメトロノームになって、歌の世界やMACOが刻む時空にどんどん巻き込んでいきたいという意味を込めて付けました。みんなの気持ちが乱れているときにMACOの音楽が掛かると、嫌なことも忘れて、心地よさを覚える。そんなアルバムにしたいと思ったんです。大切な人と過ごす時間や、そこにしか流れない空気感も、メトロノームみたいだなって感じたのもきっかけかもしれません。

ーー軸はしっかりとある一方、全体的な印象としては様々な音楽性も取り入れていて、歌い方もバラエティに富んでいるように感じます。前作はバンドサウンド中心だったと思うのですが、今回は音作りにおいてどういった部分を意識したのでしょうか。

MACO:『FIRST KISS』も『love letter』も、秋から冬にかけてリリースしたアルバムで。今回もそうなんですけど、季節的には「Kiss」のような切ない楽曲がマッチすると思ったので、「Sweet Memory」をリード曲にしました。そこを軸に据えつつ、原点回帰のような気持ちでバンドサウンドではない方向を選んだんです。そうした結果、前向きな歌詞が多くなりました。

ーー確かに、『love letter』のリリース時には「リア充っぽくなった」と話していましたが、今回もかなり前向きですよね。しかもどこか大人の余裕みたいなものが出てきているようにも受け取れます。

MACO:26歳になって、悟った感じが出てるのかもしれません(笑)。

ーー視点も俯瞰的なものが多くなった印象です。

MACO:これまでは、「MACOのラブソングを聴いて、『恋したい』って思ってほしい」と色んなところで言ってきたんですけど、今回はもう少し踏み込んでいます。例えば「Sweet Memory」は友だちに恋をする歌だったり、「カタオモイ」という曲があったりと、MACOの楽曲を通して“疑似失恋体験”をしてほしいなと思って。恋人がいない人も曲を聴いて切なくなって、気付いたらMACOのメトロノームに巻き込まれていてほしいなと。

ーーリード曲が失恋ソングの「Sweet Memory」というのは、たしかに意外でした。そんな意図があったんですね。

MACO:2曲くらい候補があって、ずっと迷っていたんですけど、最終的にはこの曲になりましたね。サビにかけての息を飲む感じが好きです。切ないけど何度も聴かせる魅力があるというか。最初はただ単に片想いをしているだけの曲だったんですけど、その先を見込めない恋、結末がダメだと分かっている恋って一番悲しいなと思って。許されない恋をしている人たちにも届くといいなと思います。

MACO「Sweet Memory」2017.10.27 先行配信スタート

      

「MACOが語る、ラブソングを歌って気づいたこと「“愛してる”は“生きてる”の実感にも繋がる」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版