>  > May J.が目指す“自分だけの”表現

ニューアルバム『Futuristic』インタビュー

May J.が目指す、“自分だけの”音楽表現「いろんな冒険をしながらJ-POPを崩していくことがテーマ」

関連タグ
May J.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 May J.が約3年ぶりとなるオリジナルアルバム『Futuristic』をリリースした。「ふたりのまほう」(アニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』オープニングソング)や、作詞・つんく♂と作曲・小室哲哉のコラボによる「Have Dreams!」、八代亜紀とのデュエットソング「母と娘の10,000日~未来の扉~」など話題の既発曲がたっぷりと収録される本作だが、その目玉となるのはMay J.自身が作詞・作曲を手掛けた新曲群だろう。自らでゼロから生み出した6編の楽曲には彼女が今表現したい歌とメッセージがリアルに注ぎ込まれている。そして、それらすべてをL.A.でレコーディングすることで、世界基準ともいえるMay J.なりのJ-POPへと昇華しているところが大きな聴きどころだ。シンガーからアーティストへの本格的な脱皮を実感させる本作は果たしてどんな思いで作り上げられたのか? 本人にじっくりと話を聞いた。(もりひでゆき)

今、あらためて自分が信じるものを表現していきたい

ーー前回のアルバム『Imperfection』から約3年。その期間でMay J.さんの中で何か気持ち的な変化はありましたか?

May J.:前作を出した頃も含め、ここ4年くらいはいろんなことを吸収する修行の時期だったと思っていて。様々な曲のカバーをさせてもらったことで自分の知らなかった世界をたくさん知ることができたし、それによって表現方法の幅も広がった実感があったんです。そんな期間を経たことで今は自分の中にやりたいことがすごく溜まってるんですよ。今まではシンガーとして歌うだけで満足と思っていたところもあったけど、気持ち的にそうじゃなくなってきた。だったら自分の中に溜まっているものを一度全部出そうと思い、今回のアルバムでは自分で6曲作り、それをL.A.でレコーディングすることにしたんです。自分で表現したいことを自分でコントロールしながら、ゼロから音楽を生み出したいなって思ったから。

ーー確かに今回のアルバムでMay J.さんのアーティスト性が覚醒した印象がありますもんね。ただ、そういった思考はデビュー当初からあったようにも思うんですよ。ご自身のルーツであるブラックミュージックをがっつり打ち出した音楽性をひっさげて、デビューをされていたわけなので。

May J.:確かにそうですね、うん。いろんなことを経験したことで、気持ちが一周したところがあるのかも(笑)。今思うと、デビュー当時のまんま、自分の好きなスタイルだけを自由にやっていたらここまで続かなかったなって思うんですよ。だからこそ私にはいろんなことをやる必要があったし、それを楽しんでこれたところがあって。その上で今、あらためて自分が信じるものを表現していきたいなって思うようになったんですよね。それはきっとデビューから10年を経たからこその感情。この10年は私にとっては必要な回り道だったし、そうやって歩んできてすごく良かったなって今は思いますね。


ーー本作に収録されている自作曲はどのように作っていったんですか?

May J.:基本的には私のツアーでずっとバンドマスターをやってくれているギタリスト、Sho Kamijoくんと一緒に作っていきました。「こんな雰囲気がいいかな」っていうテーマを私が持っていって、それを元にShoくんがコードを弾いてくれるんです。そうすると自然とメロディが出てくるので、「♪ラララ」で歌いながら曲にしていく流れで。

ーーあまり悩むことなくメロディは浮かんできますか。

May J.:そうですね。今回の制作はツアーと並行してやっていたので、ライブをする中で芽生えた「こんな曲があるといいよね」とか「こういうタイプの曲はやったことないよね」みたいなイメージがストックされていたところもあったので、すごくスムーズに進みました。1日1曲ペースで、どんどん新しい曲が生まれていきました。

ーーちなみに最初にできた曲は?

May J.:「HERO」でした。一番暗い曲なんですけど(笑)、こういうタイプの曲が私としては一番作りたかったものでもあって。マイナー調のサウンドに乗せて内に秘めている思いをさらけ出すような、ちょっと謎めいた曲に私はすごく惹かれるんです。ベートーベンの「月光」を暗い部屋でずっと聴いたりすることもあるくらいなので(笑)。ただ、「HERO」は曲としてマイナーすぎるし、最初から自分の好きなことを思い切りやってしまった感もあったから、きっとダメ出しされるだろうなと思ってたんですけどね。

ーーアルバムの中でもいいアクセントになっていると思います。歌詞のメッセージも胸に響くものになっていますし。

May J.:「HERO」を作っていた時期はいろんなところでテロが起こったり、悲しいニュースがすごく多かったんですよ。だから、そこで感じたことをメッセージとして書いてみたんです。私たちは世界を変えるような大きなことはできないけど、一人ひとりが身近な人への愛を大切にしていれば、それが広がっていって世界はいい方向に進むんじゃないかなって。そういったユニバーサルな視点のラブをテーマにしたんですよね。自分で書いた6曲に関しては、どれも私が今伝えたいことを詰め込んだ歌詞になっています。

ーー今回のアルバムでは、どの曲にも伝えたい対象が見えてくる印象がありますよね。

May J.:そうですね。もちろん聴く方それぞれの対象が当てはめられるように、あまり限定した書き方はしないようにはしているんですけど、私の中にはどの曲の中にも伝えたい人が明確に存在はしています。例えば「My Star~メッセージ~」という曲は、メロディを作っているときに学生時代の恩師が亡くなってしまったので、その先生に捧げる曲として歌詞は書きました。人生の中で別れてきた大切な人にもう一度会いたいという気持ちを歌っていますね。

ーー人との繋がりや絆こそがMay J.さんの表現の源であり、歌い続ける意味になっているところがあるんでしょうね。

May J.:はい。そういう繋がりこそが自分のインスピレーションになっていくというか。「SIDE BY SIDE」という曲は、ファンの方との絆をテーマに書いたものでもあるんですよ。ファンレターを読ませていただいていると私の音楽がみなさんの生活の支えになっていることに気づかせてもらうことも多いですし、逆にみんながいるからこそ私は安心して歌を歌うことができてもいる。だからこそ、その繋がりへの感謝をあらためて曲にしたいなと思ったんですよね。その曲をアルバムの1曲目に持ってきたのも私の中にはすごく大きな意味があります。

「May J.が目指す、“自分だけの”音楽表現「いろんな冒険をしながらJ-POPを崩していくことがテーマ」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版