>  >  > 欅坂が築いた独自の“型”

香月孝史が読む欅坂46『デビュー1周年記念ライブ』の意義

欅坂46がわずか1年で築いた独自の“型”、そして2年目の表現に寄せる期待

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欅坂46が4月6日に、東京・代々木第一体育館でデビュー1周年記念ライブを開催した。昨年のデビューシングル『サイレントマジョリティー』発売と同じ4月6日に合わせて既発曲すべてを披露するスタイルのこのライブは、先輩である乃木坂46が恒例にしているバースデーライブを想起させる。ただし、デビューからの一年間を、ライブを通じて振り返ることで得られる感触は、乃木坂46のそれとは趣きが大きく違っていた。

 このライブで明確になったのは、なにより欅坂46がすでに独自の表現の「型」を築いているということだ。乃木坂46の最初の一年間がオリジナリティを構築するための模索期であったことを思えば、自らの定式のようなものをこの時期に獲得していることは驚異的でもある。もちろん、乃木坂46が年月をかけて試行錯誤してきた蓄積こそが欅坂46の礎になっているため、並列的な比較にはなじまない。しかしともかくも、この一年を時系列で描ききることであらためて確認できたのは、欅坂46が現在手にしている型の強さ、そしてその表現の幅がすでにデビューシングルで構築されていたことだ。

20170505-keyaki3.jpg

 

 ライブはデビューシングル表題曲「サイレントマジョリティー」で開演する。2016年のアイドルシーン最重要曲になった同曲による幕開けは、単にグループの原点を振り返るだけではない、象徴的な意味をもつ。臆面もないほどに直球な言葉を用いてレジスタンスを描いたこの楽曲が、その字面を遥かに超えて豊かなインパクトを持ち得たのは、衣装やMVなども含めた制作陣とメンバーとによる総合的なクリエイションの賜物である。この一年、たびたび注目されてきたTAKAHIROによる振付は、坂道シリーズが育ててきた演劇性を進化させ、群像によってしか表現できないパフォーマンスに昇華させた。その旗印となる曲がライブ冒頭に据えられることで、グループの方向性は早くも突きつけられる。

 続いて、同じくデビューシングルから「手を繋いで帰ろうか」が披露される。表題曲とは対照的な曲調やモチーフでありつつも、菅井友香と守屋茜を主人公に据え、他のメンバーたちが二人を見守るギャラリーのように、あるいはコロスのように機能する同曲は、やはりグループ全体で群像としての表現を突き詰める点で、「サイレントマジョリティー」と通じている。一年前、東京国際フォーラム・ホールAでのデビューカウントダウンライブですでに手にしていたこの基調は、その後シングルリリースを重ねながら洗練されていく。1stシングルから4thシングルまで、順を追ってライブが進行する中で見えてくるのは、そのような欅坂46の表現の型が磨かれてきた軌跡である。

20170416-keyaki4.jpg

 

 今泉佑唯・小林由依による“ゆいちゃんず”のフォークデュオ的路線、あるいは「乗り遅れたバス」から布石を打ってきた長濱ねる特有のポジションや、けやき坂46(ひらがなけやき)への発展も、一年分を一本のライブとして構成することで、その意義が明確になる。シングル表題曲にみるような群像の表現だけでなく、グループ内の派生的な物語やユニットも、デビュー時からある程度、定まった方向性を持ちながら展開されてきた。時系列のライブ構成で披露されるそれらの楽曲たちは、この一年の歩みの確かさを物語るものだった。

 そして、「サイレントマジョリティー」で掴んだ型はこの日の本編ラストの曲、4thシングル表題曲「不協和音」へと還ってくる。彼女たちのパフォーマンスがとりわけ圧倒的な強さを持つのは、やはりこの群像としてのうごめきである。統制されてみえる集団でありつつ、同時に各メンバーレベルではそれぞれが自己主張する個であることが見てとれる凄み。そんなグループによる表現は、大会場でも十分に映える。というより、大きなステージでさまざまな角度から、あるいは遠目から観てこそはっきりわかるものかもしれない。

      

「欅坂46がわずか1年で築いた独自の“型”、そして2年目の表現に寄せる期待」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版