>  > 超特急が語る、成長への実感とグループ像

シングル『超ネバギバDANCE』インタビュー

超特急が語る、成長への実感と確かなグループ像「夢を追いかける姿をそのまま見てもらいたい」

関連タグ
DANCE
JPOP
グループ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 超特急が、4月26日にニューシングル『超ネバギバ DANCE』をリリースする。本作はデビュー5周年を記念したシングルとなっており、表題曲は彼ららしい“カッコよさ”も“ダサさ”も詰め込まれた一曲だ。今回のインタビューでは、今の超特急における「超ネバギバ DANCE」の意義やロンドンで行われたMV撮影秘話を中心に話を聞いた。また、これまでリリースしたシングル、アルバムは11作連続でオリコンTOP10入りを記録し、2016年12月には神戸ワールド記念ホール、東京国立代々木競技場第一体育館にて総動員数2万人のアリーナ公演を成功、そしてバラエティ番組や俳優としての活動など活躍の幅を確実に広げている超特急。改めてその成長への実感と目指すグループ像について、メンバー全員にじっくりと話してもらった。(編集部)

「カッコイイけどちょっとダサい、っていうところをもう一度」(コーイチ)

_MG_4345_r.jpeg

コーイチ

ーー新曲の「超ネバギバDANCE」は5周年記念シングルで、遊び心満載のアッパーな曲ですね。

ユーキ:5周年ということで、バラードとか感動的な曲でくるかなと思っていたんですけど、まさかのアゲアゲで。聴けば聴くほど「超特急っぽい!」って思える、超特急の新しい名刺になる曲になったなと思います。

タカシ:5周年という節目で、より一層超特急っぽい曲と出会えたのがうれしいですね。カッコよさもダサさも詰め込まれた曲。ライブでもコールをしてもらえると、楽しんでもらえるんじゃないかと思うし、MVも今までにないものに仕上がったと思います。

ーーそのMVは鉄道発祥の地でもあるロンドンでの撮影。街中を7人で列車のように連なって歩くシーンでは、現地の方々の驚いている表情も映っていました。

カイ:ロンドンの街中で撮ったので、周りの方の注目度がすごかったですね。

タカシ:MVでは初めての海外の撮影で、街の中での撮影も楽しかったですし、何より、キングスクロス駅でユーロスターの前で撮影出来たのが嬉しかったです。

ユースケ:キングスクロス駅でMVやジャケット写真を撮るというのは、日本のアーティストでは超特急が初めてらしいんですよね。すごく感動しました。

ーー駅のホームで撮るということで、何時までに撮り終えないと、というような時間制限があったんですか?

カイ:ありました。1時間ぐらいかな。ダンスの撮影は20分ぐらい。

コーイチ:引きと寄りと1回ずつ。全部で5回ぐらいで撮り切ろうという感じで。

リョウガ:カメラがどこを狙っているのかわからなくて、「今、誰抜かれてるんだろう?」と思いながら踊っているところもありました(笑)。

タクヤ:限られた時間の中だったので、大変だったんですけど、超特急にしかできない場所で踊れたので、すごく光栄でした。

_MG_4321_r.jpeg

カイ

ーー現場の駅員さんや係の人も超特急を見ていたんじゃないですか?

ユーキ:見てました。女性の方がいて、超特急にハマってくださったんですよ。

リョウガ:駅構内を案内してくれた方ね。

ユーキ:「カワイイ!」って言って、ダンスも真似してくれたり。

カイ:その人、コーイチ推しだって言ってたよ。

ユーキ:コーイチ推し!?

カイ:「誰がいい?」って聞いたら、「私、歌う人が好きなの」って(笑)。

タカシ:えっ、俺は!?

一同:(爆笑)

カイ:いや、ちょうどコーイチがソロを撮ってる時だったから。だからコーイチって。……あっ、でも、「顔だけだったらタクヤ」って言ってた(笑)。

リョウガ:どうですか? タクヤさん。

タクヤ:あ……、ありがとうございます(照)。

ーー(笑)。では、今回のMV、それぞれのオススメポイントもお願いします。

コーイチ:僕はイントロが終わって、ビッグベンの合成から歩き出すとリアルビッグ・ベンが出てくるシーンがすごく超特急らしくて好きですね。

カイ:ソロダンスの時、現地の子どもたちが悪乗りっぽい感じで入ってきてくれたんです。ハプニングなんですけど、逆にいいシーンになったなと思ってます。長い時間ではないですけど、印象的なシーンですね。

リョウガ:僕がソロを撮らせていただいた場所は、ウォータールーっていうストリートアートが描かれているトンネルのような場所だったんですけど、イメージでいうと、アンダーグラウンドなバッドボーイズ的な雰囲気の場所で、僕とは程遠いイメージの場所で、ちょっとドキドキしました。でも、実際そこで踊ってみると、新鮮な感じがして、印象的なシーンになりました。

タクヤ:僕はイントロから歌出しに入るところ、音にハマってる感じが好きです。あれは現場で意図的にやったものではなくて、監督が編集でハメてくれたんですけど、そこからコーイチの歌出しにつながっていく感じがいいなと思います。

ユーキ:僕はやっぱり、間奏が終わった後の「ご乗車ください」ってところからウィンクしてるところですね。

_MG_4272_r.jpeg

リョウガ

ーーウィンクは一発OKだったんですか?

ユーキ:なんとか1回で決めました。でも、気づいてる人はいると思うんですけど、実はちょっとウィンクになってないっていうか……。

リョウガ:まばたき(笑)。

ユーキ:ですね(笑)。でも、そこも含めて楽しんでもらえれば。

ユースケ:僕が印象的なシーンは、タワーブリッジから発車するところ。あそこはめちゃめちゃ人が通ってて、どうしようって感じだったんですけど、撮影が始まったら自然に人が止まってくれたんです。撮影終わった瞬間、たくさんの方に「イェーイ!」って拍手もしてもらって、大好きなシーンになりました。

タカシ:僕はラストサビ、〈奇跡のアバター〉っていうところでちょっと長くソロカットがあるんですけど。ユーロスターを背景にしたリップシンクで、手を伸ばしてる感じが自分でもいいなと思って。ぜひ、チェックしてほしいですね。

ーー映像も楽曲も、超特急の「カッコよさと」「シュールさ」満載の“らしさ”あふれる仕上がりになりましたね。

コーイチ:「Beautiful Chaser」のようなロック色の強い曲や、「Yell」のようなポップな楽曲があって、2ndアルバム『Dramatic Seven』では、いろいろなジャンルでメンバーそれぞれの個性を打ち出す楽曲を出すことができて、今回の5周年シングルでは、改めて「Believe×Believe」(ビリビリ)のような、テンポが良くて、カッコイイけどちょっとダサい、っていうところをもう一度フィーチャーしようってことで、7人のまとまりと全力感を全面に出した形になったと思います。

_MG_4445_r.jpeg

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版