>  >  > 竹原ピストル新作に見る“本質”

竹原ピストルは“生きるために歌い、歌うために生きる” キャリア・ハイ記録した新作の本質

関連タグ
JPOP
ROCK
ライブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日『TOWER RECORDS presents Bowline 2017 curated by ACIDMAN&TOWER RECORDS』で竹原ピストルのライブを観たという知り合いの編集者(30代女子)から、「CMソング(『よー、そこの若いの』)のイメージしかなかったんですけど、精神病のファンに話しかけられる歌とか、友達が病気になった歌とか、そんなのばっかりで。衝撃でした」という率直な感想を聞いた。そのとき筆者は竹原ピストルのライブに対する姿勢が微塵も変わってないことを実感した。その場所にいる観客の心に傷跡を残すーーそう、彼にとってライブとは“このとき、この場所で、どれだけのことが出来るか”という真剣勝負の場なのだ。

 4月5日にリリースされたニューアルバム『PEACE OUT』にも、彼のライブに対するスタンスが強く反映されている。それを象徴しているのが1曲目の「ドサ回り数え歌」だ。2014年のメジャー復帰後も、自分でライブハウスに連絡し、全国各地で年間200本以上の弾き語りライブを行ってきた竹原。以前からライブで歌われていた「ドサ回り数え歌」は、まさに彼自身の体験から生み出された曲と言っていいだろう。〈弦、切れて 縁、切れて でも元気でね〉と彼は歌う。そこには自己憐憫のような甘っちょろい感情はまったくなく、ただ生活の為に歌うという切実な現実、ライブハウスという現場で観客と1対1で向き合おうとする真摯な姿勢があるだけだ。

 以前、竹原に取材したときのこと。野狐禅を解散し、レコード会社、事務所との契約がなくなったときのことについて彼は「まず、どうやったら生活できるか考えた」と語った。家族のためにも、とにかく家に金を入れなくちゃいけない。自分にできるのはライブだけだから「月に何本やれば、これくらい稼げる」と計算し、ブッキングしたと。オフィスオーガスタに戻り、メジャーレーベルと再契約した現在も、その根本は変わっていないのだと思う。もちろん、ライブを続けるなかで様々な悩みも経験しただろう。〈一度も咲いたことがないくせに/きっと返り咲いてみせるとは/それは何かの手品だろ〉(「一枝拝借  どこに生けるあてもなく」)、〈こんな風にしか歩いていけないことを恥じてたいつかがあった〉(「ただ己が影を真似て」)といった歌からは、そんな葛藤が感じ取れる。しかし、それでも彼はドサ回りの旅を続ける。〈良い兆しなんてこれっぽっちもないから これからも行くんだよ〉(「俺たちはまた旅に出た」)と。現実から目を逸らさず、生きていくために、自分がやれることを模索し、真摯に実行していく。その姿にこそ、我々は胸を打たれるのだ。シンガーソングライターの多くが“歌で聴いている人の背中を押したい”などと言うが、おそらく竹原はそんなことは考えていない。優先すべきは、自らの生活のなかで掴み取った言葉を歌にすること。それを聴いたリスナーは、その言葉に(勝手に)自らの姿を重ね、感じ入っているのだと思う。“聴いた人に対して何ができるか”は結果であって、目的ではない。そのことを竹原は骨の髄まで知っているのだろう。

 音楽的なアプローチも一貫している。軸になっているのは歌とアコースティックギター。フォークロック的なバンドサウンドを取り入れた「虹は待つな 橋をかけろ」、打ち込みのトラック×アコギの弾き語りによる「Forever Young」、アイリッシュ・トラッドのテイストを押し出した「マスター、ポーグスかけてくれ」などアレンジは多彩だが、すべての楽曲に“言葉を明確に伝える”という意志が込められているのだ。異彩を放っているのは「ママさんそう言った 〜Hokkaido days〜」。これまでにもヒップホップの手法を取り入れた楽曲(「俺のアディダス〜人としての志〜」「ちぇっく!」など)はあったが、韻の踏み方、リズムを重視した歌詞を含めて、「ママさん〜」はもっともヒップホップ濃度が高い楽曲だと言っていい。

 本作『PEACE OUT』は、4月17日付のオリコン・アルバム週間ランキングで5位を記録。メジャー復帰作『BEST BOUT』(2014年10月)の27位を大きく上回り、キャリア・ハイを更新した。その要因としてはもちろん、映画『永い言い訳』の出演(キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞、日本アカデミー賞 優秀助演男優賞を受賞)、さらにタイアップソング(テレビ東京系ドラマ24『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』EDテーマ「Forever Young」、伊藤忠商事企業CMソング「俺たちはまた旅に出た」)による知名度の向上が挙げられるだろう。しかし、俳優としての評価やメディアへの露出が増えたことは、彼の音楽には一切影響していない。しっかりと地に足を付け、シンガーソングライターとしての道をまっとうする。そのブレのなさこそが『PEACE OUT』の本質であり、竹原ピストルという歌い手に対する信頼につながっているのだと思う。

 5月からは全国弾き語りツアー『PEACE OUT』がスタートする。このツアーでも彼は、観客のひとりひとりに向けて、ただひたすらにギターをかき鳴らし、生々しい言葉を放つはず。そして、その場所で生まれたことは、次の新しい歌へとつながることになるだろう。チケット料金は3500円。既にソールドアウトしている公演もあるが、都合がつく方はぜひ、彼の生歌を体験してほしいと思う。“生きるために歌い、歌うために生きる”という言葉が似合う竹原のライブは必ず、あなたの心に大切な何かを残してくれるはずだ。

■森朋之
音楽ライター。J-POPを中心に幅広いジャンルでインタビュー、執筆を行っている。主な寄稿先に『Real Sound』『音楽ナタリー』『オリコン』『Mikiki』など。

■リリース情報
『PEACE OUT』
発売:2017年4月5日(水)
初回限定盤(CD+DVD) ¥3,300(税抜)
通常盤(CD) ¥2,900(税抜)
<CD>
1.ドサ回り数え歌
2.虹は待つな 橋をかけろ
3.一枝拝借 どこに生けるあてもなく
4.ママさんそう言った ~Hokkaido days~
5.ぐるぐる
6.一等賞
7.ため息さかさにくわえて風来坊
8.最期の一手 ~聖の青春~
9.ただ己が影を真似て
10.例えばヒロ、お前がそうだったように
11.Forever Young ※テレビ東京系ドラマ24「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」エンディングテーマ
12.俺たちはまた旅に出た
13.マスター、ポーグスかけてくれ
<DVD>※初回限定盤の特典
1.オールドルーキー
2.LIVE IN 和歌山
3.午前2時 私は今 自画像に描かれた自画像
4.じゅうじか
5.俺のアディダス ~人としての志~
6.ちぇっく!
7.便器に頭を突っ込んで
8.ドサ回り数え歌

■ライブ情報
『全国弾き語りツアー"PEACE OUT"』
5月7日(日) 東京 東京キネマ倶楽部
5月10日(水) 滋賀 U☆STONE
5月11日(木) 奈良 NEVER LAND
5月16日(火) 兵庫 チキンジョージ
5月17日(水) 和歌山 OLD TIME
5月24日(水) 岐阜 岐阜ants
5月25日(木) 三重 松坂M'AXA
5月27日(土) 静岡 浜松窓枠
5月28日(日) 愛知 名古屋TOKUZO
6月1日(木) 青森 青森Quarter
6月2日(金) 秋田 秋田Club SWINDLE
6月4日(日) 岩手 盛岡CLUB CHANGE WAVE
6月5日(月) 宮城 仙台CLUB JUNK BOX
6月7日(水) 山形 山形ミュージック昭和セッション
6月8日(木) 福島 郡山HIP SHOT JAPAN
6月11日(日) 鳥取 米子AZTiC laughs
6月12日(月) 島根 出雲APOLLO
6月14日(水) 岡山 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
6月15日(木) 広島 広島クラブクアトロ
6月18日(日) 山口 周南RISING HALL
6月20日(火) 京都 磔磔
6月21日(水) 大阪 umeda AKASO
7月3日(月) 岩手 久慈UNITY
7月4日(火) 岩手県 宮古KLUB COUNTER ACTION
7月5日(水) 宮城県 石巻BLUE RESISTANCE
7月12日(水) 神奈川 Yokohama B.B.street
7月13日(木) 埼玉 西川口Hearts
7月21日(金) 長野 長野CLUB JUNK BOX
7月23日(日) 新潟 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
7月25日(火) 福井 福井CHOP
7月26日(水) 石川 金沢AZ
7月28日(金) 富山 富山ソウルパワー
8月1日(火)北海道 北見オニオンホール
8月2日(水) 北海道 帯広Rest
8月4日(金) 北海道 苫小牧ELLCUBE
8月5日(土) 北海道 函館club COCOA
8月9日(水) 山梨 甲府CONVICTION
8月15日(火) 千葉 千葉ANGA
8月16日(水) 群馬 高崎club FLEEZ
8月26日(土) 茨城 水戸NINETY EAST
8月27日(日) 栃木 宇都宮HELLO DOLLY
9月6日(水) 長崎 長崎DRUM Be-7
9月7日(木) 佐賀 佐賀GEILS
9月9日(土) 熊本 熊本B.9V1
9月10日(日) 大分 DRUM Be-0
9月12日(火) 宮崎 宮崎SR-BOX
9月13日(水) 鹿児島 鹿児島SRホール
9月15日(金) 鹿児島 奄美ASIVI
9月26日(火) 愛媛 松山サロンキティ
9月27日(水) 高知 高知X-pt.
9月29日(金) 香川 高松DIME
9月30日(土) 徳島 徳島club GRINDHOUSE
12月8日(金) 愛知 名古屋DIAMOND HALL
12月10日(日) 大阪 大阪Zepp Namba
12月12日(火) 福岡 福岡IMSホール
12月14日(木) 北海道 札幌PENNY LANE 24
12月22日(金) 東京 中野サンプラザ

■オフィシャルサイト
http://www.office-augusta.com/pistol/index.html

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版