>  >  > P・ロビンソン&マデオン、ライブへの期待

ポーター・ロビンソン&マデオン、一夜限りのライブへの期待ーー“物語”と“感動”を届ける才能を考察

関連タグ
DJ
EDM
ELECTRO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポーター・ロビンソン&マデオンが、2月15日に日本限定アルバム『シェルター:コンプリート・エディション』をリリースする。同作には、これからのエレクトロニック・ミュージックシーンを担うDJ/プロデューサーであるポーター・ロビンソンとマデオン、それぞれの楽曲が収録され、二人の共作による楽曲「シェルター」が収められている。「シェルター」は、マデオンの精巧かつ叙情的なサウンドとポーター・ロビンソンの真骨頂であるセンチメンタルなメロディ、そして両者に通じるポップさが混ざり合ったポーター・ロビンソン&マデオンならではの1曲となっている。また同曲のMVは、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』や『ソードアート・オンライン』などの人気アニメで知られるA-1 Picturesが制作。昨年10月にポーター・ロビンソンが単独で来日した際、都内某所の街頭ビジョンにてオンエアされ、約200人のファンが集まり大きな話題となったことも記憶に新しい。

 そして、2月21日には東京・Zepp DiverCityで、ポーター・ロビンソン&マデオンの一夜限りのライブ『シェルター・ライヴ・ツアー』が開催される。北米、ヨーロッパでのツアーは絶賛を呼び、彼らの友人でもあるエレクトロニック・ミュージシャン、ゼッドはTwitterで「これまで見たライブで最高のものだ!」と賞賛。その他にも両者とツアー経験もある人気DJ=ディロン・フランシスはインスタグラムで「君たちを誇りに思う!」とコメントし、彼らのライブに大きな注目が集まっている。

 今回のコラムでは、ポーター・ロビンソン&マデオンの日本限定アルバム『シェルター:コンプリート・エディション』のライナーノーツを執筆した柴 那典氏がポーター・ロビンソン、マデオンそれぞれのアーティスト性への考察を踏まえ、二人による「シェルター」の魅力、『シェルター・ライヴ・ツアー』への期待をつづった。(編集部)

ポーター・ロビンソン&マデオン『シェルター・ライヴ・ツアー』に寄せて

 ポーター・ロビンソン&マデオンが、2月21日に東京・Zepp DiverCityで、一夜限りのライブ『シェルター・ライヴ・ツアー』を開催する。

 いろんな意味で、スペシャルな一夜になるだろう。共に20代前半。親友同士でもある2人は、間違いなくエレクトロニック・ミュージックのこれからの時代を担うDJ/プロデューサーだ。ここ数年のEDMのハイプが一段落した今だからこそ、単なるパーティー性ではなく、音楽を通して「物語」と「感動」を届けることができる2人の才能は際立っている。

 筆者が最初にポーター・ロビンソンを観たのは2015年のSONICMANIA。強く印象に残ったのは、アニメのマッシュアップを使った映像だけではなく、一つのセットを通して、普遍的な感傷とセンチメント、そして肯定性を伝えようとしているステージの構成だった。マデオンもその年に観た。やはり印象に残ったのはメロディの強靭さで、ポップ・ミュージックとしての歌の力がそこにあった。

 だから、二人が共作して曲を作ったというニュースを聴いた時にはすごく納得するものがあった。ポーター・ロビンソンはアメリカ出身の24歳、マデオンはフランス出身の22歳。共に10代の頃から音楽制作を始め、レディー・ガガのプロデュースやリミックスに携わるなど、若くして巨大な成功を収めたキャリアの持ち主である。ポーター・ロビンソンは『Worlds』(2014年)、マデオンは『Adventure』(2015年)と1枚のオリジナルアルバムをリリースしている。出身こそ違えど、同じ世代、同じ価値観を共有する同士だと言える。

Madeon - Pay No Mind ft. Passion Pit

Porter Robinson - Sad Machine (Lyric Video)

 そしてもう一つは、2人が日本のポップカルチャーに大きな影響を受けたミュージシャンであるということ。特にアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』をフェイバリットに挙げるポーター・ロビンソンの情熱が、今回二人が共作した「シェルター」という楽曲の誕生の背景にある。

 A-1 Picturesが手掛けたアニメーションMVが話題を呼んだこの曲だが、そもそも、この曲はショートフィルムとしての企画から始まった楽曲だった。ストーリーの原案を手掛けたのもポーター・ロビンソン自身だ。3日間かけて彼が書き上げた台本が楽曲の核になった。マデオンとそのモチーフを共有し、「親の愛情」や「次の世代に何かをつないでいくこと」をテーマにし制作を進めていった。

Porter Robinson & Madeon - Shelter (Official Video) (Short Film with A-1 Pictures & Crunchyroll)

 これだけの熱量が込められた曲だからこそ、2人がタッグを組んだワールドツアー『シェルター・ライヴ・ツアー』も実現したのだろう。これまでに北米、ヨーロッパを回り、各地で絶賛を集めているこのツアー。単なるDJパフォーマンスではなく、お互いの曲をマッシュアップしつつ、ステージは生楽器の演奏や歌を交えたライブとして展開される。巨大なスクリーン映像や最新の照明技術も一体となり、巨大な高揚感でオーディエンスを包む。

Shelter Live Tour [FULL SET] - Atlanta GA - 9/29/16 - Porter Robinson - Madeon

 来日を記念して2月15日にリリースされる日本限定アルバム『シェルター:コンプリート・エディション』は、その感動を増幅してくれるような一枚でもある。CDには「シェルター」をはじめ、ツアーでも披露してきたそれぞれの代表曲、そしてリミックスなどを収録。本人たちは収録曲から曲順にも強いこだわりを持っており、今回のツアーを連想させる『シェルター・ライヴ・ツアー』のセットリスト的な1枚となっている。Blu-rayには「シェルター」のMVが収録され、本人たちのスペシャル・メッセージ、歌詞対訳や解説と共に、ビデオに登場するキャラクター“凛”のフラッグも封入されている。「パッケージのデザインやポイントにとてもこだわりを持って、力を入れて作りました」とポーター自身もコメントしている。

170213_po_ma_j_package.jpeg

『シェルター:コンプリート・エディション』展開写真

 来日後、2人は4月に行われるコーチェラ・フェスティバルに出演することが決定している。おそらくこれまで以上のブレイクスルーが待ち構えているだろう。

 そんな2人が「特別な一夜」と声を揃えるのが、今回の来日公演だ。後々語り継がれるライブになる予感がしている。

■柴 那典
1976年神奈川県生まれ。ライター、編集者。音楽ジャーナリスト。出版社ロッキング・オンを経て独立。ブログ「日々の音色とことば:」/Twitter

■リリース情報
『シェルター:コンプリート・エディション』
日本独自企画/完全生産限定盤
発売:2017年2月15日(水)
CD+Blu-ray+グッズ(フラッグ) ¥3,000
豪華ブックレット(歌詞対訳/ミュージック・ビデオ解説付)
<DISC 1 : CD トラックリスト>
01. シェルター *
02. シェルター (マット・ゾー・リミックス) *
03. サッド・マシーン ▲
04. ユアー・オン feat. カイアン●
05. フリッカー ▲
06. ペイ・ノー・マインド feat. パッション・ピット ●
07. ナンセンス feat. マーク・フォスター ●
08. ディヴィニティー feat. エイミー・ミラン ▲
09. ホーム ●
10. グッバイ・トゥ・ア・ワールド ▲
11. フリッカー (マット・ゾー・リミックス) ▲
12. ペイ・ノー・マインド feat. パッション・ピット(YASUTAKA NAKATA‘ CAPSULE’ REMIX) ●
13. フレッシュ・スタティック・スノウ(ラスト・アイランド・リミックス) ▲
14. ユアー・オン (オリヴァー・リミックス) ●
15. シェルター (ピアノ・ヴァージョン) *
* =ポーター・ロビンソン&マデオン
▲ =ポーター・ロビンソン
● =マデオン
<DISC 2: Blu-ray>
「シェルター・ジ・アニメーション」ミュージック・ビデオ収録
<グッズ>
「シェルター・ジ・アニメーション」キー・ビジュアル・フラッグ

配信限定シングル
シェルター
ダウンロード/ストリーミング配信中
※iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です

■ライブ情報
Porter Robinson & Madeon
『“Shelter” Live Tour in Tokyo』
2月21日(火) 東京 Zepp DiverCity
https://www.creativeman.co.jp/event/porter_madeon2017/

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版