>  >  > アーティストの存在感が生む“発信力”

森朋之の「本日、フラゲ日!」vol.33

三浦大知、ヤスタカ × きゃりー、SKY-HI、チャランポ、BRADIO…存在感が生み出す“発信力”

関連タグ
三浦大知
きゃりーぱみゅぱみゅ
チャラン・ポ・ランタン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新作を発表する際に“シェア”というワードが使われるようになり、アーティストの発信力がさらに重要になっている2017年の音楽シーン。今週は、ビジュアル、ステージング、様々なメディアとのコラボレーションを含め、際立った発信力を備えたアーティストの新作を紹介します!

 地上波の歌番組に出演するたびに、世界レベルと言っても過言ではないダンスと歌によってSNSを賑わせる三浦大知のニューシングル『EXCITE』。表題曲は、昨年10月から『仮面ライダーエグゼイド』の主題歌としてオンエア、全国ツアー『DAICHI MIURA LIVE TOUR 2016 (RE)PLAY』(過去のライブの演出をブラッシュアップするというコンセプトも注目された)でも披露され、ファンの間では既に十分にシェアされているナンバーだ。鋭利なギターフレーズと煌びやかなエレクトロ・サウンドが共存するトラック、そして、心地よいグルーヴと強いメッセージ性を同時に体感できるボーカルからは、現在の彼の好調ぶりがしっかりと感じられる。モーションコントロールカメラで撮影された“三浦大知×三浦大知”のダンスコラボレーションによるMVも斬新だ。

三浦大知「EXCITE」

 昨年11月に開催された中田ヤスタカ、きゃりーぱみゅぱみゅのツーマン・ツアー「〜SPECIAL DJ × LIVE ZEPP TOUR 2016〜『YSTK×KPP』」を記念した両A面スプリットシングル。ロンドン出身の新世代ポップ・アイコン、チャーリーXCXとのコラボレーションが実現した「Crazy Crazy (feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu) 」(作詞:Charli XCX/作曲:中田ヤスタカ)は、EDM以降を照射したトラックとエキゾチックな旋律が絡み合うミディアムチューン。「原宿いやほい」(作詞・作曲:中田ヤスタカ)は<ハイになれ あの交差点から始まった>というフレーズが心に残る、きゃりーの原点と“これから”を体感できるナンバーに仕上がっている。シックな手触りのトラックを含め、きゃりーの新たなフェーズを告げるアイテムと言えそうだ。

きゃりーぱみゅぱみゅ 「原宿いやほい」

 昨年秋に開催されたライブハウスツアーの最終公演(12月15日、16日/豊洲PIT)でUVERworld、クリープハイプと対バンするなど、活動の幅を大きく広げているSKY-HI。3枚目のフルアルバム『OLIVE』でも、ヒップホップに対する圧倒的な造詣の深さを感じさせつつ、幅広いタイプのオーディエンスに訴求する音楽を体現している。軸になっているのは、生音の要素を増やしたオーガニックなサウンドメイク。ニューソウル、ファンクのテイストが感じられるトラックからは、彼の現在のモードが伝わってくる。「君を泣かせた世界を僕が壊しにきた」というメッセージをポップに響かせる「リインカーネーション」、ピアノを中心にしたアレンジのなかで<きっと僕がいなくなったって 地球は回るさ>と歌う「Over the Moon」など、徹底的にポジティブなリリックも素晴らしい。

SKY-HI「アドベンチャー」

      

「三浦大知、ヤスタカ × きゃりー、SKY-HI、チャランポ、BRADIO…存在感が生み出す“発信力”」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版