>  >  > ROTH BART BARON主催イベントレポ

主催イベント『BEAR NIGHT』レポート

ROTH BART BARONはこの国のシーンに風穴を開ける 主催イベント『BEAR NIGHT』を観た

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ROTH BART BARONが12月20日、恵比寿LIQUIDROOMにて主催イベント『BEAR NIGHT』を開催した。これはバンド史上初となる、フル編成でのワンマンライブ。昨年リリースしたアルバム『ATOM』を携えて各地で行なっていたライブの集大成とも言えるステージだ。

20170104-rbb3.JPG

 

 会場ではAlly Mobbs、BENBEのライブも行われ、主役の登場前にしてすでに会場は暖まっている。普段のリキッドルームにはない、客席まで伸びた電飾が会場をほのかに照らす。観客の拍手に迎えられながら、ステージにはバンドメンバーの三船雅也(Gt./Vo.)、中原鉄也(Dr.)に加え、大城いくる(Ba.)、ブナニ・エミリオ(Vib./Per.)、マーティン・ジョンソン(Vi.)、竹内悠馬(Tp.)、須賀裕之(Tb.)、大田垣正信(Tb.)、西池達也(Key.)と総勢9名が立った。

 ぼんやりとしたキーボードと弦の音色が響く中、徐々にリズムが立ち上がり始まったのは「Campfire」。中原の力強いドラミングはバンドメンバーを率いるようで、その迫力にいきなり圧倒された。続けて、和太鼓を使用し音頭のリズムを取り入れた「盆ダンス」、バラード調の「bIg HOPe」を披露。三船のファルセットボイスは、音の厚みが増したこの編成でも埋もれることなく響く。

20170104-rbb4.JPG

 

 緑のライトに照らされながら披露された「化け物山と合唱団」は10分にも渡るリアレンジが施され、その壮大なアウトロは圧巻。その後「Metropolis」「Glass Shower」「X-MAS」「フランケンシュタイン」と『ATOM』の収録曲を続けて披露すると、人気曲「小さな巨人」と続き、会場はこの日一番の盛り上がりを見せる。どの楽曲も普段より鮮やかな印象で、心地よい音の広がりが感じられた。

20170104-rbb5.JPG

 

 MCもなく立て続けの14曲の本編を終えると、アンコールを受けたメンバーが再び登場し「ATOM」を演奏。その後口を開いた三船は「今日はありがとうございます。DIYでやりすぎてスタッフも足りず、皆さんにはご迷惑をおかけしました(笑)。今年僕らはKORG SESSIONというKORGの楽器のみで演奏する企画をやりました、今日はKORGのキーボードを挙手制で1名にプレゼントします」と、選ばれた観客にプレゼント。続けて、現地のプロダクションから誘いを受けてUKデビューの準備を進めていることを明かし、「ただ行くだけじゃなくて、みんなと一緒に何かできないかなと思って。一緒にイギリス行こうぜっていう企画です」と、CAMPFIREでクラウドファンディングのプロジェクトをスタートさせることを発表。会場は驚きの声が上がった。

 最後に「氷河期#3 ( Twenty four eyes / alumite ) 」「アルミニウム」が演奏され、観客の合唱も巻き起こる。「アルミニウム」ではホーン隊とパーカッションが客席を移動しながら演奏するという演出も行われ、会場は大盛況の中、幕を閉じた。

      

「ROTH BART BARONはこの国のシーンに風穴を開ける 主催イベント『BEAR NIGHT』を観た」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版