>  >  > USインディー・シーン注目の5枚

村尾泰郎の新譜キュレーション 第10回

ラムチョップが4年ぶり新作で切り開いた新境地 USインディー・シーン注目の5枚

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今月はUSインディー・シーンのなかから、新人からベテランまで5枚の新作を紹介。

 まずは、ナッシュビルを拠点に活動するベテラン・バンド、ラムチョップ。4年ぶりの新作『Flotus』は、これまでのオルタナ・カントリー的な路線から、ゆるやかに変化して新境地を切り開いている。彼らにしては珍しく、電子音やリズムボックスを導入。さらにボーカルにエフェクトをかけるなど、R&B/ヒップホップの要素を独自に昇華。ソウルフルなグルーヴを際立たせる一方で、従来の深みのあるメロウな歌の世界はそのまま。メロディーも音色もまろやかで、ただただ心地良いサウンドは、ロキシー・ミュージック『アヴァロン』の芳醇さを思い出させたりも。そんななか、エレクトロニックなビートで浮遊する18分を越えるナンバー「The Hustle」は、ラムチョップ版クラウトロック的な趣もあって面白い。

Lambchop – The Hustle (Official Audio)

 ポートランドの音楽シーンで注目を集めたシンガー・ソングライター、ローラ・ギブソンがNYに引っ越したのは2014年のこと。到着早々、足を骨折し、翌年ガス爆発で住んでいたアパートが全焼。書き溜めていた歌詞や楽譜をすべて失ってしまった。そんな災難続きのなかでレコーディングされたのが『エンパイア・ビルダー』だ。様々なトラブルを乗り越えて作り上げた本作は、パワフルなドラムが鳴り響き、アルバム全体にピンと張りつめた緊張感と凛々しさを感じさせる。ピーター・ブロデリック、デイヴ・デッパー(デス・キャブ・フォー・キューティー)、ネイト・クエリー(ザ・ディセンバリスツ)など旧友達がゲストに参加。アメリカーナなサウンドをベースにしながら音作りやアレンジは表情豊かで、彼女が弾くチェロの音色も重要なアクセントになっている。そして何より、そこから紡ぎ出される美しいメロディーと、脆さとしなやかさを併せ持ったニュアンス豊かな歌声が魅力的だ。

Laura Gibson – Empire Builder

 ザ・レモン・ツイッグスはNYロングアイランド出身の兄弟によるユニット。兄ブライアン・ダダリオが19歳。弟のマイケルは17歳という若さながら、音楽一家に生まれ育った2人は、子供の頃から楽器に親しんで一緒に音楽を作っていた。そんな彼らの才能に目をつけたのが、イギリスの名門インディー・レーベル、<4AD>だった。そしてリリースされた彼らのファースト・アルバム『ドゥ・ハリウッド』は、プロデュースをフォクシジェンのジョナサン・ラドーが担当。ストリングスやホーンを含めてほとんどの楽器を兄弟だけで演奏した本作は、ソフト・ロック、グラム、プログレなど、60〜70年代サウンドを織り交ぜたカラフルな音作り。ブライアンのシアトリカルなボーカルもハマっていて、まるでカーニバルのように賑やかで毒々しいポップさに満ちているあたりは、レーベル・メイトのアリエル・ピンクに通じるところも。

The Lemon Twigs – These Words

      

「ラムチョップが4年ぶり新作で切り開いた新境地 USインディー・シーン注目の5枚」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版