>  > ささきいさお×畑亜貴が55周年作に込めた“挑戦”

55周年シングル『今の向こうの今を』リリース記念特別対談

ささきいさお✕畑亜貴が語る、「アニソン界の大王」55年の軌跡とこれから

関連タグ
ささきいさお
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年、歌手生活55周年を迎えた“アニメソング界の大王”ささきいさお氏。あらためて語るまでもないほどの偉業を残してきた氏は、今なお歌い継がれる名曲たちと共に、前人未到の領域へと歩みを進めるべく、5月25日に55周年シングル『今の向こうの今を』をリリースする。同作は生粋のささきいさおファンにして、こちらも今やアニメソング界にこの人ありと言われる音楽家・畑亜貴をトータルプロデューサーとして迎えるという、今までにない挑戦に出た。優しい旋律と共に、語りかける様にこの先も歩もうと歌う「今の向こうの今を」、そして50~60年代ロックを彷彿とさせるビートの上で声が躍動するカップリング曲「始まりは何度でも」と、一人の歌手の55年の軌跡や未来への期待が詰まった、ますます盛んなささきいさおの“今”をパッケージした意欲作だ。

 今回リアルサウンドでは、ささきいさお、畑亜貴両氏を招き、最新作についての話と制作秘話を軸に、これからも歩み続ける一人の偉大なる歌手の姿、そして長年のファンであるという畑亜貴氏の目線からささきいさおの魅力を存分に語ってもらった。この日の畑亜貴の言葉を借りるなら“尊敬とLOVE”だらけのあたたかい対談となった。(田口俊輔)

20160528-sasakihata4.jpgささきいさお

――まずは歌手生活55周年、そして74歳を迎えられたということで(取材日前日の5月16日が誕生日)、まことにおめでとうございます。このお歳まで最前線で歌い続けていらっしゃるということに、ただただ勇気づけられます。

ささきいさお(以下:ささき):(ニッコリと)ありがとうございます。

畑亜貴(以下:畑):しかも、まだ進化しているんですよ。歴史を作ってきたうえに進化されている……もう素晴らしい! 私たちは常にささきいさおさんの最高の歌を聴き続けることができている、これほどの幸せはないですよね。

――早くも愛が炸裂してますね(笑)。

畑:だって、こうしてお仕事をご一緒にしていただけただけでも感無量なのに、本日もこうしてお話が出来るなんて……人生のご褒美タイムですよ。これまで人生頑張ってきて良かった。今日はファンとして、作家としてどの立場から語ればよいものか、絶賛悩み中です。

――ぜひ両方の視点から語っていただければ。今回のコラボの経緯は一体どのように決まったのでしょうか?

畑:それはもう、私が生まれてこの方のいさお様ファンだからです! 以前インタビューで夢や希望を聞かれたので「ささきいさお様の歌詞を書くことです」と答えたんです。ブログにも度々いさお様について触れてまして。そう答えたり書いたりしていればマジックが起きるかと思ったんですよ(笑)。想いは伝えないと何も始まらないじゃないですか。

ささき:55周年の曲を出そうとなって、じゃあ誰に頼もうか? と話し合っている時に、どこかの記事で「ささきさんの歌が書きたい」と偶然書いてあったのをマネージャーが見つけてね、ぜひお願いしましょう! となったんです。

畑:言霊が宿るというのはまさにこのこと、マジックが起きたわけです。でも、お声をいただいた時は……信じないようにしてました(笑)。

一同:(笑)。

畑:普通に考えたら、からかわれてるとしか思えないじゃないですか。実際にお会いして制作に入るまでは信じない、喜ばないようにしてました。

ささき:すごくタイミングが良かったんですよ。僕はよく“神様がやる”と言うんだけど、そういう出会いだと思うんだよ。

20160528-sasakihata5.jpg畑亜貴

――出会うべくして出会ったお二人だったんですね。

畑:……そう言葉にされますと、あまりの運命の衝撃ぶりに卒倒しそうです(笑)。

ささき:倒れないでくださいよ(笑)。

――ささきさんから見た畑さんの印象はいかがですか?

ささき:最初に畑さんとお会いした時は、僕の「銀河鉄道は遥かなり」が大好きな作詞家さんがいるという話を聞いてね、畑さんのイベントにサプライズで登場するという出会いだったんですよ。でも失礼ながら、僕は一緒に仕事をするまで畑さんの作品は聴いたことがなかったんです。この前初めてじっくりと畑さんの作品(最新作『毀レ世カイ終ワレ』)を聴いてみたんだけど、「こんな歌を歌うの!?」とビックリしてね(笑)。僕らの世代で言うところの“トンでる”世界観。こういう宇宙的なことも表現できるなんて素晴らしいですよ。

――『毀レ~は』『今の~』と同日発売なんですよね。2作を並べると、あまりのベクトルの違いが表れているのが面白いですよね。

畑:禍々しい音楽で申し訳ないです(苦笑)。『毀レ~』はダーク100%! 『今の向こうの今を』は明るさ100%! 私に間はございません(笑)。

――畑さんを虜にする、歌手・ささきいさおの魅力とは、一体どこでしょうか?

畑:もう、魅力しかありません。“全・身・魅・力”ですよ。これ以上の言葉はございません。レコーディング前に声を慣らしている姿を拝見しては「腰に置いた手の位置から美しい……」と終始ウットリしておりました(笑)。

20160528-sasakihata6.jpgささきいさお

「畑さんが書く力強いメッセージは阿久悠先生に通じている」

――(笑)。ここからは『今の向こうの今を』の制作現場について伺います。今作はどういったやり取りをされながら作っていかれたのですか?

畑:今回は作詞だけでなくジャケットを含めてのトータルプロデュースを私が行うことになりまして。もう「これをやりたいんです!」と熱量で押して行って、いさお様は「おぉ、そうか」と優しく全て受けて止めてくださいました(笑)。

ささき:畑さんとしては期待に胸を膨らませてくれてるわけで、その期待を僕は裏切れないじゃないですか。そういう意味でプレッシャーはあったなぁ。でも、それを解放してくれたのが畑さんの「素敵」という一言。

畑:「素敵」は魔法の言葉ですね。だって、もう素敵の一言じゃないですか。理性を働かせるのがもう大変で、1分間のうち10秒は失神してました。

ささき:レコーディング期間を考えたら、一日は失神してるね(笑)。

畑:お恥ずかしい限りです……。でも、作品を作る時って、相手の気持ちを理解してどれだけ愛しているかが重要だと思うんです。私は制作の時は必ず歌うアーティストさんのことを、100%愛して作るようにしていて、そうしないと歌う方の想いを受け止めきれないんです。1枚1枚、そのどれもが人生にとって大切な作品。その作品は愛されないと生まれてこないし、愛されることで歌手の方も存分に力を発揮してもらえると思うんです。お互い、音楽を愛する者同士として出会ったからこそ、お互いの今の存在を愛することができれば、音楽制作はうまくいく。それが私の楽曲制作のポリシーでして。

ささき:僕のことをよく見てくれて、そこから良い所を引き出そうとしてくれるのは嬉しいよね。ただ仕事として歌うことと違って、プラスαが出ると思うんですよ。

――3月6日のライブで「今の向こうの今を」を披露された際に、畑さんを「今の時代の阿久悠」とご紹介されました。お二人にどの共通項を感じられたのですか?

ささき:阿久先生の言葉って、遊びながらもどこかに教育的なものや夢みたいなものが鏤められているじゃない。畑さんも遊びの言葉を書きつつ、今作でものすごく力強いメッセージを届けるような言葉を綴っていらっしゃる。これが阿久先生的だなと思ったんですよ。お2人とも、いい言葉が1曲にたくさん詰まっているんだよね。

畑:恐縮の限りです……。私はファンタジックなものや少年少女の気持ちといった言葉を書くことが仕事では多いので、実年齢に沿った歌詞を求められることがあまりなくて。でも、いつかはしっかりと今まで人生を歩んできた気持ちの言葉を書いてみたいと思ったんです。でもそうした歌を歌うのは大変ですし、歌詞の重みを背負いながらも、受け流してくれるような余裕は、それだけの人生を歩んでこられた方でないと難しいですよね。だから今回、いさお様に歌っていただくことが決まったからこそ、私もやっと今の自分のストレートな言葉が出せることができました。

「ささきいさお✕畑亜貴が語る、「アニソン界の大王」55年の軌跡とこれから」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版