>  > 雨のパレード・福永が語る時代を塗り替える音楽

メジャーデビュー1stフルアルバム『New generation』インタビュー

雨のパレード・福永浩平、バンドシーン刷新への所信表明「僕らが思いっ切りパンチを入れないと」

関連タグ
J-POP
ROCK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これまでに残響レコードから2枚のミニアルバムを発表してきた男女4人組・雨のパレード。彼らのメジャーデビュー作『New generation』は、文字通り「新世代」の台頭を強烈に印象付ける作品だ。海外のクラブミュージックからの影響をバンドとして咀嚼し、日本語のフォーキーなメロディーと組み合わせる手法は、先達がまったくいなかったというわけではない。しかし、アンビエント色の強い音像やミニマルなリズムアプローチに関しては、明確に時代感が更新されていて、R&Bやソウルのテイストが強いのも今の気分。おそらくは、この作品が呼び水となって、2016年はバンドシーンの刷新がさらに加速していくはず。中心人物の福永浩平に、所信表明を語ってもらった。(金子厚武)

「時代を塗り替えたい」

ーーメジャーデビュー作のタイトルが『New generation』というのは、明確なステートメントになっているわけですよね。

福永浩平(以下、福永):「メジャーだからこうしよう」みたいな意識は特になかったんですけど、「このタイミングで何をするべきか」っていうのはすごく考えました。それはサウンド面というよりは、どういう心持ちで取り組むのかっていう部分で、僕の中では「時代を塗り替えたい」っていう思いが強くあったんです。海外の新人アーティストたちを見てて、僕が共通してるなって思うのは、サンプリングパッドとかを使って、今までバンドでは出せなかった音をどん欲に取り込んでることで。僕はそういう世代が「New generation」だと思ってて、日本においてそういう世代を今後引っ張って行けるような一枚を作ろうと思って、今回の作品に取り組みました。

ーー『new place』リリース時のインタビューでは、影響源としてHow To Dress WellやÁsgeir、SOHN、Rhyeといった名前を挙げてくれていたと思うんですけど、新しい世代が出てきたことを最初に感じたのは、誰との出会いが大きかったですか?

福永:元を辿れば、Ásgeirかもしれないです。年齢を知って、「一個下かよ!」って思いました(笑)。あの人はたぶん最初はアコースティックで一人でやってて、プロデューサーがついてから、アナログシンセとかも含めたアプローチを始めたと思うんですね。それが3~4年前で、すごく惹かれるものがありました。

ーーÁsgeirは音だけではなく、メロディーもフォーキーだし、その意味でも雨のパレードと通じる部分がありますよね。

福永:そうですね。基本的にメロがいいやつが好きなんで、そこは大事にしつつ、音そのものというよりは、姿勢が大事というか、「この音が欲しい」ってなったら、何らかの機材を使ったりして、その音を出す。そこからはそれぞれの好みで派生していくものだと思うんですけど。

ーー雨のパレードの結成当初からそういう考え方だったんですか? それとも、どこかのタイミングで変化があったのでしょうか?

福永:やって行く中で、やりたいことがどんどん明確になって行った感じですね。今思うと、僕らが10代の頃とかは、サンプリングパッドが近くにあるような環境ではなかったので、音楽表現をする一番身近なカテゴリーが「バンド」だったんだろうなって。今は「バンドでありつつ、バンドサウンドじゃない」みたいなものを求めてるんで、今後はもっと欲しい音に素直になる時代になって行くんじゃないかなって。

160227_a_fukunaga.jpeg

福永 浩平(Vo)

ーー確かに、バンドとPCで作られる音楽の境界線は少しずつ薄れて来てて、例えば、ネットと親和性の高い渋谷の2.5D周辺ではそれが自然になりつつあった。でも、もうちょっとオーバーグラウンドなバンドシーンではまだ目立った動きがないので、その意味では雨のパレードがメジャーから作品を出す意義は大きいと思います。

福永:メジャーの一枚目でこういうことがやれたのはすごく幸せだし、「これで引っ張って行きたい」っていう感覚はすごくありますね。

――実際アルバムの曲にはこれまで使われていなかったアナログシンセやサンプリングパッドの音が使われていて、バンドが新たなステージに入ったことを感じさせますね。

福永:もともとこういう音は欲してて、これまでもギターにはギターっぽくない音を出すように注文したりはしてたんです。

ーーこれまではエフェクターでその効果を出そうとしていましたよね。

福永:ですね。なので、新しい機材もその延長で自然に取り入れたというか、変化はずっとしていたいなって思うんです。今回はSPD-SX、MPC、MS-20 mini、microKORGとかを使ってて、いろんな音を使って作りたいと思いました。今も新しい機材はどんどん増やしたいと思ってて、今度KORGからminilogueが出るんですけど、あれは絶対買いですね(笑)。

ーー「Tokyo」のミュージックビデオにも機材いっぱい出てきますもんね。

福永:あれ実はあんまり使ってないんですけどね(笑)。まあ、個人的にはステージが少しゴチャゴチャしてるくらいが好きなので。

ーー前は動き回れるスペースがあったけど、段々なくなってきてますよね(笑)。

福永:まあ、その分ステージが広くなればいいかなって(笑)。

ーーこれまではセッションで曲を作っているという話だったかと思うのですが、曲の作り方自体も変わったんですか?

福永:いや、作り方自体は変わってないです。ただ、その中で伝えることはより増えたかもしれない。これまで以上に、僕の好みの音楽、僕が感じる「New generation」に寄せたような音作りを今回はしてますね。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版