>  >  > KAT-TUN「充電」発表どう受け止める?

KAT-TUNの「充電」発表をどう受け止める? グループの魅力とメンバーの関係性を改めて考える

関連タグ
KAT-TUN
アイドル
ジャニーズ
佐藤結衣
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KAT-TUNが、2016年5月1日をもって一旦グループとして充電期間に入ることがわかった。5月以降はソロ活動に重きを置いて、個々に成長を目指し、機が熟したタイミングで再集合する予定だという。この発表は、会員制携帯サイト『Johnny's web』にて動画で配信された。亀梨和也はそのなかで「解散ではないです」と明言し、「未来のKAT-TUNのために時間を使っていきたい」と、前向きな充電期間であることを強調した。

realsound-KAT-TUNth_.jpg

(C)タナカケンイチ

 今年3月22日にデビュー10周年を迎えるKAT-TUN。初のベストアルバム『KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY BEST “10Ks!”』のリリース(発売日未定)と、4月から東京、名古屋、大阪の3大ドームツアー『KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR “10Ks!”』の開催が発表されたばかり。

 すでに、3月末で田口淳之介が事務所を退所することが決定しており、今回のツアーは亀梨、上田、中丸の3名体制で行なわれることが注目されていたところだった。田口の脱退、そして充電期間へという残念なお知らせが続き、複雑な心境のファンも少なくないはず。

 しかし、「みなさんとここで集まってしっかりと絆を深め合い、11年目という新しいスタートを切れればいいなと(中略)。この10周年というものを一緒に盛 り上がっていけたらと思います」(亀梨)という力強いコメントを聞くと、切なくも一緒に前を向きたいという気持ちになる。今こそ、KAT-TUNの魅力を再認識し、応援する気持ちを高めるタイミングではないだろうか。

 ジャニーズの王道が、キラキラ笑顔で少女漫画から出てきたようなイケメンだとするならば、KAT-TUNはヤンキー漫画に出てくるちょっとワルっぽいグループ。デビュー当初、見方によってはスカした生意気な少年たちに思われたかもしれない。しかし、その反面とてもピュアで仲間思い。そして永遠の少年とも言える無邪気さと素直さがある。そのギャップはソロの状態よりも、メンバーと戯れているときにこそ、垣間見えるのだ。そこで、今回はKAT-TUNの楽しみ方の一つである、コンビ萌えをおさらいしたい。

 まずは、お馴染みのコンビ名から復習しよう。亀梨×上田=タッチ(名前がカズヤとタツヤであることから)、亀梨×中丸=爺孫(最年長の中丸と最年少の亀梨の年齢差から)、上田×中丸=ロバ丸(上田がロバに似ていることから)と、それぞれの組み合わせで呼ばれている名称があるのだ。メンバー1人ひとりのファンであると同時に、こうした組み合わせで萌えるファンも多く、数々のエピソードが語り継がれている。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版