>  >  > 例年以上に豪華な『カウコン』振り返り

嵐の司会で例年以上に豪華! ジャニーズの歴史が詰まった『カウコン』を振り返る

関連タグ
TOKIO
V6
KinKi Kids
NEWS
KAT-TUN
アイドル
ジャニーズ
佐藤結衣
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
realsound-arashi-1.jpg

(C)タナカケンイチ

 仕事や学校が始まり、お休みモードから気持ちを切り替えるのがむずかしい“正月病”という言葉があるようだ。そんな憂鬱な時には、キラキラでパワフルなジャニーズを思い出し、気分を上げていきたいところ。やはり、年末年始で一番ホットだったのは『史上最多の大集合!!ジャニーズ年越し生放送~ジャニーズカウントダウン2015-2016』(フジテレビ系)ではないだろうか。前回は編成の関係で、生中継がされなかったため、今回は特に大きな期待が寄せられていた。視聴率も2013年の大晦日放送では9.4%だったのに対して、今回は12.5%を記録。多くの人が注目したことがわかった。

 なかでも、通常よりも企画が盛りだくさんだったことが印象的だ。今回は各コーナーをおさらいしつつ、ジャニーズが見せた底力を振り返りたい。特別企画として行われた史上初の楽曲リクエスト募集など、視聴者の意見が取り入れられるという異例の取り組みも行われ、グループの垣根を越えたコラボレーションが胸アツなシーンを多く生み出した。

今聴きたい!ジャニーズリクエストメドレー

 まずは、今回の司会を務めた嵐による「truth」からのスタート。タッキー&翼「Venus」、ジャニーズWEST「ええじゃないか」と続き、勢いが増していく。そして、何かと人数編成で話題の絶えないSexy Zoneは、5人の格差が全くなかったデビュー曲「Sexy Zone」が選ばれた。まさにファンの気持ちが投影された選曲だったのではないだろうか。最年少のマリウス葉が15歳で放送時間的に共演できないことから、会場では4人でパフォーマンスを繰り広げ、5人で歌う姿はVTRで披露された。だが、そこで終わらず観覧席にいたマリウスのもとに4人が一斉に駆け寄り、頭をなでたり、もみくちゃ状態に。メンバー愛溢れる展開に大きな歓声が沸いた。

 また、Kis-My-Ft2は「Thank youじゃん!」、KAT-TUNは「Real Face」とそれぞれトロッコで登場して熱唱。そして、久しぶりの登場となったTOKIOは「リリック」をバンドで生演奏。また、京セラドームで単独コンサートをしていたHey!Say!JUMPとも中継を繋ぎ、「ウィークエンダー」を披露。ワチャワチャ感はありつつも、素晴らしいフォーメーションで9人ならではのステージを展開した。また、ジャニーズ随一の身体能力を誇るA.B.C-Z「Moonlight walker」は、安定の全員バク転を見せ、NEWSは「チャンカパーナ」で手越の伸びのある歌声と圧倒的な歌唱力で魅了した。

 一方で、いつも元気いっぱいなイメージの関ジャニ∞が「大阪ロマネスク」でしっとり聴かせるなど、ファン投票ならではのチョイスが際立つ。今回はVTRでの参加となったV6は、「20周年ありがとうございましたー」(井ノ原)、「今年お世話になった皆さんに」(岡田)、「来年お世話になる皆さんに」(森田)、「感謝の気持ちを込めて」(坂本)、「皆さんが選んでくれたこの曲を」(長野)、「『愛なんだ』です!」(三宅)と、メンバーが1人ずつ挨拶をした。ラストは、井ノ原と岡田が長野を持ち上げ、まるで組み体操のよう。おそらくアドリブなのではないかと思われる展開にも動じず「V6でしたー」と冷静に挨拶をした長野がシュールで、メンバーも頬が緩む。最後までチームワークの良さを感じさせるパフォーマンスだった。

 会場に戻ってきたカメラは、KinKi Kidsの「硝子の少年」を映し出す。巨大セットで降りてくるダイナミックな仕掛けに、ジャニーズのステージ演出の高さを改めて実感した人も多かったのではないだろうか。再び京セラと中継を繋ぎ、東西一緒にカウントダウンをすると、1月1日が誕生日の堂本光一をみんなでお祝い。オープニングからノンストップで、ジャニーズの層の厚さを感じたコーナーだった。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版