>  >  > タッキーが受け継ぐジャニーズ本流の精神とは?

『滝沢歌舞伎』でタッキーが受け継ぐジャニーズ本流の精神 舞台に注力する活動スタイルを分析

関連タグ
アイドル
ジャニーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
realsound-tatki-tubasath_.jpg

(C)タナカケンイチ

 滝沢秀明(タッキー&翼)が主演・演出を務めるエンタテインメントショー『滝沢歌舞伎』の10周年を記念して、初の海外公演となるシンガポール公演を8月18日から23日まで開催する。

 『滝沢歌舞伎』は、2006年に新橋演舞場で『滝沢演舞城』として誕生。ジャニー喜多川が総合演出を、滝沢が主演を務めるスタイルで、会場やタイトルを変えながらも上映を重ねてきた公演である。初演時には、新橋演舞場で史上最少年座長という大役を務め、2010年からは演出を手掛けるなど、滝沢の舞台人生においても節目を飾ってきた公演だ。これまでの上演通算は500回を達成したという。

 滝沢は、ジャニーズJr.時代から多くのテレビドラマに出演していたが、活動の主軸を決してテレビに移すことはなく、タッキー&翼としてデビュー後も積極的に舞台に取り組んできた。滝沢が舞台に力を注ぎ続ける理由を、ジャニーズの動向に詳しい音楽ライターの佐藤結衣氏に聞いた。

「『滝沢歌舞伎』は、そのクオリティの高さからファンがたくさんいますが、その分、リピーターも多いので、毎回内容を進化させていかなくてはいけません。演出も毎年変わっていくので、良い意味での緊張感があります。彼がこの舞台で、エンターテイナーとしてのスキルがかなり鍛え上げられていることは、実際に見ていても感じますね。生ならではの緊迫感、対応力など、ごまかしが効かないもので勝負をしている感じが伝わってきて、もしかしたら本人にとっても、テレビドラマにたくさん出ることより、やりがいを感じているのでは」

 そんな滝沢は、ジャニーズ事務所にとって重要な存在だと佐藤氏は続ける。

「ジャニーズには、ジャニーさんが提言する『1番のエンターテインメントは舞台だ』という根本的な考え方があり、その精神を受け継ぐ筆頭が滝沢さんなのだと思います。滝沢さんは舞台での見せ方を含め、自身をプロデュースすることが出来る方ですから、あえて人の手が加わるテレビ番組に出演しなくてもよいのでしょう。彼の魅力は、舞台に立ち続けることで十分伝わりますし、そうした活動こそがジャニーズの本流でもあるので、ジャニーズにおける『大黒柱』のような存在といえるのかもしれません」

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版