>  >  > V6、ベストアルバムに求められたもの

石井恵梨子のチャート一刀両断!

V6、20周年ベスト盤に求められたものは? セールスから見えたグループの価値

関連タグ
V6
アイドル
ジャニーズ
チャート
石井恵梨子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
realsound-v6th_.jpg

(C)タナカケンイチ

参考:2015年7月27日~2015年8月2日のCDアルバム週間ランキング(2015年8月10日付)(ORICON STYLE)

 10位圏内、ベテランのベスト盤が3枚と、レッド・ツェッペリンのリマスター2枚がランクイン。その隙間を埋めるように知名度の高くない新人がポツポツと登場している8月2週目。いよいよ、ニッパチです。

 もちろんトピックがまったくないわけではない。ザ・ハイエイタスの細美武士が始めたMONOEYES(3位、34.128枚)は実力派の盟友が揃った話題の新バンド。一度聴けば必ずシンガロングできるポップ・パンク/ギターロックが満載、元エルレガーデンのファンにも響くであろう力作だが、バンドは過去にライブ経験もほとんどなく、音楽雑誌で大きな話題になっているように見えて、実際は一部のファンしか騒いでいない。というか多くの人がまだ知らないというのが現実だろう。他の新人にも同じことがいえる。

「飯田里穂(7位、10,577枚)、アニメ『ラブライブ!』で星空凜役を務めた人気声優! いよいよソロアーティストとしてデビューする話題昨!」

「れをる(9位、10,101枚)はニコ動発の次世代女性ボーカリスト。ネットではすでに話題騒然の彼女が、満を持して発表する初のフルアルバム!」

 ファンの「話題」が、音楽シーン全体でまったく「共有」されていない。細分化というよりも断絶に近い溝がある。なのにあっさりチャートに入ってしまう。こういう記録は「初の作品がトップ10入り!」と喜べるものなのか。ファンはともかく本人やスタッフにとって、どれくらい価値があるのだろうか。うーん、あまりにニッパチ感満載で余計なことを考えてしまうのだった。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版