>  >  > アルカライダーが暴くアルカラの”悪行”

アルカライダーが暴くアルカラの”悪行”とは? マニアックかつ破天荒なトラックを分析

関連タグ
ROCK
150330_a_a.jpg

 地球から約6(ロック)万光年離れたアルカランドロス星雲からやってきた「ロック界の奇行師ヒーロー」、アルカライダー。その目的は、地球人になりすまして「ロック界の奇行師」と称し、奇術によって人々のハートを射止め続ける極悪音楽奇術集団「アルカラ」をこらしめること――だったのだが、ちゃっかりとシングル『怪盗ミラクル少年ボーイ』(アニメ「怪盗ジョーカー」主題歌)でメジャーデビューを果たした彼らが、またまた問題作をぶちかます。3月25日にアルカライダー監修による『アルカラボーナストラック大全集』だ。

 アルカラはこれまでにリリースしたミニアルバム、E.P、アルバムのすべてにシークレットでボーナストラックを収録。約12年に渡ってため込んできた11曲のボーナストラックをアルカライダーが暴き出し、ひとつのアルバムとしてコンパイルしたのが本作だ。これまで伏せられてきた曲名、歌詞も初公開。さらにライブ音源として収録されていた「交差点」「偽り」は新たにレコーディングが行われた。特に「交差点」のスタジオ録音音源(自主制作盤)は既に廃盤になっているため、じつに約10年ぶりに新緑バージョンとして蘇る。つまり、『アルカラボーナストラック大全集』にはきわめてレアなトラックがぎっしりと詰まっているというわけだ。

 シークレットトラックはその性格上、そのバンドのマニアックな部分が表出しやすい。「自分たちはおもしろいと思うし、熱心なファンは喜ぶだろうけど、アルバムに入れるのはどうだろうね?」みたいな。逆に言うと「あんまり表には出したくない」と判断した曲には、バンドのコアが込められている可能性が高い。そして『アルカラボーナストラック大全集』には、自ら「ロック界の奇行師」と名乗ってしまうアルカラというバンドの特性が色濃く反映されているのだ。

 たとえば「今日からあなたは市長さん」(‘13年9月24日リリース/6thアルバム『むにむにの樹』)はかつてのスーパーファミコンソフトに使われているような歌だ。学校帰りに友達の家に言って、“おかん”に文句言われながら遊んだ思い出がロックオペラ風の楽曲に仕立て上げているのだが(エンディングでは“おかん”が登場して、“ちょっとお母さん、スーパーいってくる。台所にビルケットあるから”みたいな)、この原風景はまちがいなく、彼らのルーツのひとつ。最後の「8bitの音楽が 僕らの未来を変えたんだ」というフレーズが、そのことを強く示唆している。(ちなみにスーファミは16bitですが)

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版