>  >  > ワンオクの好セールスに見るCD需要

石井恵梨子のチャート一刀両断!

ONE OK ROCK、新アルバムが16万枚突破 好セールスから見える若者の音楽需要の動向とは?

関連タグ
ONE OK ROCK
J-POP
アイドル
オリコンチャート
ロック
石井恵梨子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2015年2月9日~2015年2月15日のCDアルバム週間ランキング(2015年2月23日付)(ORICON STYLE)

 初登場1位に始まり2位→3位→2位とセールスを伸ばし続けてきたSEKAI NO OWARIが今週5位。50万枚突破もいよいよ間近であり、うーん、と認識を改めざるを得なくなった。バンドの人気のことではない。「若者はもはやCDを買わない」という論調のことである。

 ダウンロードで聴くのが普通。一曲単位で聴くからアルバムパッケージが不要。YouTubeのタダ聴きも基本。そもそも音楽に対価を払う理由がない。そんなふうに若者たちのリスニング環境を決めつけて「そりゃCDも売れないわ」「あれだけいい作品が売れないとは残念だ」などと自嘲気味に話していた音楽関係者(私も含む!)は、ちょっと猛省すべきではないか。

 若者たちは音楽を欲している。切実にアルバムを買い求めている。AKBとジャニーズとEXILEが圧倒的セールスを誇るのは相変わらずだが、テレビを華やかに彩るアイドルグループが強いのはいつの時代も同じこと。「そういう世界」にはなかった価値観を見つけ「自分(たち)だけのサウンドトラック」を欲している音楽ファンは、ちゃんと今もいるのだという事実。セカオワに続いてそれを証明しているのが今週トップのONE OK ROCKである。

 ワンオクにとって7枚目となる『35xxxv』は、アメリカに長期滞在しながら制作され、サウンドも歌も完全に世界対応型のロック・アルバムとなっている。クオリティが高いのは当然だが、それはただ洗練されたという意味ではない。日本人特有の細やかな展開やドラスティックな起伏は切り捨て、骨太でシンプルなメロディをドーンと聴かせる作り。まさにメインストリームのアメリカン・ロックなのだが、それは日本人にとってのリアリズム(共感を呼ぶ歌詞だとか、なんとなくせつない郷愁だとか)から遠ざかる行為でもあるだろう。だが、ワンオクの勝負はちゃんと理解されている。164,640枚、今どきのバンドとしては破格のセールスで初登場1位に輝いているのだ。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版