>  > 9mm菅原が語る“歌と音の関係性”

配信シングル『生命のワルツ』インタビュー

9mm 菅原卓郎が語る、歌とサウンドの関係「自分の声は自分のギターの音に似ている」

関連タグ
9mm Parabellum Bullet
JPOP
ROCK
配信
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
140822_9mm_a.jpg

 デビュー10周年を迎えた9mm Parabellum Bulletが、9月10日に配信限定シングル『生命のワルツ』をリリースする。滝善充(gt)が作曲した、いかにも9mmな激しく爽快感のあるサウンドはもちろん、節目の時期だからこそ、菅原のメッセージ性のある歌詞が印象に残る楽曲だ。今回リアルサウンドでは、フロントマンである菅原卓郎(Vo&G)にインタビュー。彼が歌詞に込める思いや、バンドサウンドと自身の歌の関係性、さらにはリスニング環境の多様化についても語ってもらった。

「弱さは出力のないものだから、戦うことはできない」

――9月10日に配信リリースされる『生命のワルツ』は静かなイントロから激しく展開する楽曲ですね。作詞が菅原さん、作曲が滝さんで。

菅原:この曲のトラックは全部滝が作ってきたんですけど、滝がマネージャーに「曲を作ろうと思うんだけど、何かお題をちょうだい」と電話して、マネージャーから「高速道路をぶっ飛ばしてるような爽快なやつを」と話したのがきっかけのようです。そこに歌詞をいれていったんですけど、結成10周年で出す新曲とはいえ、そんなにメッセージを込めた曲にするつもりはなくて、「かっこよければいいじゃん」という感じで始めました。

ーーなるほど、演奏面の気持ちよさはまさにそうですね。一方で、歌詞には結果的にメッセージが宿っているようにも思えます。

菅原:歌詞を書いているうちに「これはメンバーに向けて書いているな、俺」と感じてきて。普段、誰かに対して書く、ということはほぼないんですけど、これが形になってバンドでやった時に、それがそのままリスナーへのメッセージになるなら、この気持ちを素直に入れて書いていこう、という方向にしました。

――「共に戦っていく」ということがひとつのテーマになってますね。

菅原:「立ち向かう」「戦う」ということを言っていますけど、暴力的にやるという意味じゃないんです。いつもの時代もそうかもしれないけれど――今はでたらめな時代だと思うんですよね。そして、「時代」というような茫洋としたものと立ち向かうときには結局何と戦うかというと、大きな流れに呑まれて自分を失ってしまう弱さなんじゃないかなって。強い人間と弱い人間がいるわけじゃなくて、「強い弱さ」「弱い強さ」があるんじゃないかと思ったんです。自分を「弱い人間だ」と思っている人は、弱いんじゃなくて、弱さが強すぎるのかもしれない。弱さは出力のないものだから、戦うことはできない。じゃあ何するかって、音楽を聴いたり映画を観たりうまいもの食べたり、そういうことだろう、と思って。それが「たとえ手も足も出なくても歌がある」という歌詞につながっています。

 そして、それが「これからもよろしく」という、10周年のメッセージになるし、「はじめまして、よろしく」という、これから出会う人へのメッセージにもなるだろうな、と思います。実際に歌詞を書いて仮歌を聴かせたら、メンバーの反応がすごく良かったんです。「こうやってメンバーに伝わるなら、リスナーにも届いていくな」と連鎖していくイメージが湧きましたね。

――それはメンバー間で10年かけて築いてきたものがあるからこそ、共有できたものですよね。

菅原:「行き着く先は同じさ」と歌ってるんですけど、それがどこかということは実は大事じゃないんです。最終的な行き着く先は死んじゃうことしかないから、その途中で重なるそれぞれのポイントがそれぞれ「行き着く先」なので、最後の行では「生き方が重なるところ」という言葉を使っています。

――メンバーに対しては、一緒に音楽をやっている瞬間が「生き方が重なるところ」でしょうか。

菅原:まあ、普段からそんなにドラマチックに考えてませんけどね(笑)。でもたまにすごく良い演奏ができたときには、実際に音が折り重なってひとつのサウンドになるわけだから、すごくいい瞬間だなと感じます。もちろんそういう瞬間はファンとの間でも感じるし、音楽じゃない分野でもあることだと思います。

――メッセージを込めた楽曲はこのタイミングだからこそできた、ということなのでしょうか?

菅原:これまでは個人的なメッセージを表現すること自体、そんなにしっくりこないタイプでした。でも今は段々変わってきていて、全然個人的でいいと思っています。自分が歌詞を書いて歌うんだったら、まずメンバーの心が動くものじゃないといけないし、それをバンドで共有できたなら、あるいは「俺はわかんないけどお前がそうしたいならやれよ」ってメンバーに認めてもらえたら、それは4人で演奏したときによりたくさんの人に伝わる力を持つんじゃないか、と素直に思えるようになっていますね。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版