>  >  > EXILE TRIBEの新作がチャート1位

石井恵梨子のチャート一刀両断!

EXILE TRIBEの新作がチャート1位 人材育成・ビジネス面での“ぬかりない”戦略とは?

関連タグ
JPOP
ROCK
石井恵梨子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年08月25日~2014年08月31日のCDアルバム週間ランキング(2014年09月08日付)

 おお、『アナ雪』サントラがいよいよトップ10圏外へ! 3月12日に発売され、最初の週は1.6万枚程度のセールスだったのに、その二週後からなんと23週連続のトップ10入り。累計は90万枚を超えており、あぁ、本当に長いレリゴ〜の日々でした。松たか子とMay.Jと、あとブームに踊らされた子どもを持つ全国の親御さんにも言っておきたい。おつかれさまでしたぁ!

 さて今週。一位は安定の王者EXILEだが、EXILE TRIBEにとってはこれが初のアルバム。よく知らない人にとっては何が何やらという感じだろうから、改めて解説しておこう。

 EXILE TRIBEというのは、EXILEメンバーのソロ、派生ユニット、弟分ユニットなどの総称で、つまり固定メンバーが属するひとつのグループではない。別グループのシンガーを迎えたコラボはもちろん、「二代目J Soul Brothers VS 三代目J Soul Brothers」という対決形式のツアーなどもEXILE TRIBEと称される。要するにファミリーであれば何でもアリ。「コラボ」や「リスペクト」だけが交流じゃない。もちろんHIROの存在は絶対だが、年功序列のジャニーズには決してできない下克上も可、なのであろう。

 このEXILE TRIBEで一族は交じり合い、結束を深めたり刺激を受けたり、時には敗北感を味わったりしながら、共に切磋琢磨していく。いかにもヤンキー的な成り上がり精神は確かにあるが、しかしそれが実際に内部の血を活性化させ、またファンを飽きさせぬ総合エンターテインメントとして成立しているのは紛うことなき事実。立派な商法であり人材育成法である。アルバム『EXILE TRIBE REVOLUTION』にはファミリーの人気ボーカリスト7人が揃い、各グループのヒット曲を新たなアレンジでも聞かせているから、楽曲を廃らせぬ再利用法という側面もある。何から何までぬかりないのである。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版