>  > 期待の女子R&Rバンド、Drop's登場

2ndアルバム『HELLO』インタビュー

「5人で鳴らせば、Drop’sらしくなる」期待の女子R&Rバンドがポップセンスを開花させるまで

関連タグ
Drop's
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
140716_drops_a1.jpg

 

 札幌発・女子5人組ロックンロールバンドのDrop’sが、2ndアルバム『HELLO』をリリースした。昨年7月にリリースしたメジャーデビューシングルの『太陽』をきっかけに、ポップソングを作りたいという意識が生まれたという中野ミホ(Vo&Gu)。今作は、ブルースロックという彼女たちの音楽的な軸を残しつつ、幅広い世代のリスナーに届きそうな間口の広い作品になっている。リアルサウンド初のインタビューでは、バンド内での変化や、中野ミホ自身の音楽観について語ってもらった。

「メジャーの世界に入って、聴く人を意識するようになった」

――2ndフルアルバム『HELLO』は、ブルースロック色の強いものから、昭和歌謡にも通じるポップさを持った曲まで、音楽的な幅の広さを感じさせる力作です。昨年9月の1stフルアルバム『DAWN SIGNALS』からかなり短いインターバルで作り上げましたね?

中野ミホ(以下、中野):はい、ここ一年くらいで仕上げました。

――高校時代に作ってきた曲と比べると、作る曲に違いは出ましたか?

中野:昨年にメジャーデビューをしてから、今までよりも、聴いてくれる人のことを意識するようになりましたね。良い意味での“ポップソング”をつくろうとチャレンジしました。
昨年7月の「太陽」というシングルで、それまでやってこなかったポップソングが周りにちゃんと受け入れられた、という実感を得たんです。自分たちなりのやり方でしたが、よくできたな、と嬉しくて。そこからプロデューサーやスタッフと話し合って、いままでより多くの人に聴いてもらえるような、メロディを大事にしたポップソングを作ろうと意識して仕上げたのが、今回のアルバムにも入っている1st EPの「コール・ミー」という曲です。メロディは、もともと好きだった山口百恵さんとか沢田研二さんとかを参考にして、一昔前の日本の歌謡曲が持っているメロディアスな部分、ポップさを参考にして、自分たちなりに作りました。

――高校時代に作られた曲はかなりブルース色が濃いですが、その部分も残しつつポップソングを完成させるというのは一つの挑戦だったのでは?

中野:そうですね、5人ともロックンロールがすごく好きなので、そこから離れようという気持ちは全然なくて。でもここ1年くらいで、どんなにメロディアスだったりコードが明るかったりしても、自分たち5人で鳴らせばDrop’sらしくなる、という確信、自信がありました。ただ「こうじゃなきゃいけない」という縛りはなくて、自然とやったら今回のような作品ができた感じです。

――『HELLO』の楽曲は、ポップで可愛らしい曲からロックンロールまで幅広いですよね。バンドとして、いま5人の状況はいかがですか?

中野:バンドをはじめたとき、わたし個人は聴き手のことをあまり考えたことがなくて。自分のモヤモヤしたもの、負の感情を吐き出そうっていう意識が強かったんです。当時は高校に行っていたので、その中での制約に対するイライラとか、焦りとか、大人として扱ってもらえないこととか、下らないと思うあれこれとか…。そうしたものを吐き出すような曲をつくっていたのが、メジャーの世界に入って、ライブをして、多くの人に聴いてもらううちにどんどん変わってきて。そうして聴く人を意識するようになってきました。当時から曲は私が作っているので、そうした変化がいま、他のメンバーにも伝わっていると思います。そして、『HELLO』のような作品を出したことも全員が間違っていないって思えているし、その時その時で好きなことをしようっていう気持ちは皆、一緒だと思います。

――かつては“負の感情”を吐き出すことに表現のポイントがあったとすると、今回の『HELLO』ではどんなことを表現したかった?

中野:まず、私はこれまでも今も、自分の生活の範囲内で感じたことを書いていて。以前は怒りとか、下らないと思ったことばかりを歌にしていました。そうした暴力性を伴った音楽のほうが表現しやすかったからというのもあって。それが今は、それよりもメロディにポップさを取り込むことによって、日常にあったハッピーなこととか、何でもないワンシーンを言葉や歌に落とし込めるようになって幅が広がりました。そういう意味で『HELLO』は、本当に今の楽しいことを表現できた作品です。

 曲のアイデアは、街を歩いているときに思いつくことが多くて、実際にあった景色やイメージ、自分の気持ちなどを繋げて書いています。たとえば「コール・ミー」なら、一人で東京を歩いているときに、街の雑踏に埋もれてしまうような、誰かに会いたくなるような寂しさを感じて書いて。東京は、自分は大勢のなかの一人なんだな、という感覚にさせられるけど、いろんな面を持っていてすごく面白い街ですよね。そんな都会で埋もれてしまいそうになる感覚ってみんな持っていると思うので、その思いを、サビでわかりやすく“コール・ミー”と表現しました。ただ今でも、自分のことを100%大人だとは思えないし、“いわゆる大人”に対して思うこともあるし……いろいろな思いがあって作っていますね(笑)。

「「5人で鳴らせば、Drop’sらしくなる」期待の女子R&Rバンドがポップセンスを開花させるまで」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版