ソニーの最強カメラスマホ『Xperia Pro-I』の実力をチェック

『Xperia Pro-I』の実力

 ソニーは新型スマートフォン『Xperia PRO-I』を12月15日から国内発売すると発表した。PROの名称を冠したXperiaとしては『Xperia PRO』に続く2世代目となるXperia PRO-Iだが、本スマートフォンでは特にカメラ撮影性能が大幅に強化されている。

高級カメラ譲りのイメージセンサー

 カメラの画質を決めるのはレンズとイメージセンサーだが、Xperia PRO-Iは高級コンパクトカメラ『RX100 VII』と同等の、像面位相差AFを備える1.0型イメージセンサー「Exmor RS」を搭載。高画質な撮影が可能になったのは当然だが、さらに同イメージセンサーにF2.0/F4.0の可変レンズを組み合わせている。これにより、撮影シーンに応じて最適な被写界深度を選択し、明るさとボケ量を調整した撮影が可能になる。

 撮影機能に目を向けると、Xperia PRO-IではXperiaシリーズとして初めて動画撮影時の「瞳AF/オブジェクトトラッキング」が可能になった。つまり、動き回る子供や動物を動画で撮影する際にも、正確なフォーカス操作が可能になる。また静止画撮影でも、AF/AE追従最高20コマ/秒での高速連写が楽しめる。

 背面には先述の1インチセンサーによる24mm広角レンズだけでなく、16mmの超広角レンズ、50mm望遠レンズを搭載。撮影シーンに応じて、好みの画角が選択できる。前モデル『Xperia PRO』の70mm望遠レンズからスペックダウンしているのは若干残念だが、一番利用頻度が高い広角レンズの画質アップを素直に喜びたい。

快適な撮影を支援する専用モードに周辺機器

 Xperia PRO-Iでは本格的な撮影を実現する撮影モード「Photography Pro」を搭載。一眼カメラ「α」の「プログラムオート(P)」のようなUIや、RAWフォーマットでの撮影が可能となる。また21:9アスペクト比の映画のような質感と色表現を実現した撮影モード「Cinematography Pro」も用意されている。

 一方で「Videography Pro」なら、動画撮影に必要な機能に素早くアクセスすることができる。これは、Vlog(ブイログ)など日常撮影に最適な撮影モードだ。またステレオマイクにくわえ、メインカメラ横にモノラルカメラを搭載することで、人の声もクリアに録音できる。

 Vlogなどでの自撮りをより快適にするために、Xperia PRO-Iの背面に設置できる約3.5インチのサブモニタ「Vlog Monitor」も用意されている。これにより、高画質な背面カメラでのセルフィーがより簡単におこなえる。

撮影のための本体デザイン

 Xperia PRO-Iの本体には専用のシャッターボタンが搭載されており、しっかりと握ることで手ブレを防ぎながらの撮影が可能だ。またストラップホールを備えており、撮影時の端末の落下も防げる。

 本体スペックもハイエンドそのもの。6.5インチの4K解像度ディスプレイは120Hzのリフレッシュレートを実現。ゲームやスクロール操作でのレスポンスが向上している。プロセッサはSnapdragon 888で12GBのRAM、512GBの内蔵ストレージを搭載し、バッテリー容量も4500mAhとカメラ撮影やゲームプレイを快適に行えるような機能性も備わった。

 Xperia PRO-Iのソニーストアでの価格は19万8000円(以下全て税別)、Vlog Monitorの価格は2万4200円。約25万円で販売されたXperia PROに引き続き、購入にはそれなりに覚悟が必要なスマートフォンだ。しかし1インチセンサーによる圧倒的な画質、そして専用の撮影モードに充実した周辺機器など、Xperia PRO-Iでしか撮影できないシーンがきっとあることだろう。

(画像=ソニー)



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる