Kiii退所のYouTuberラファエル、ネクストステージに再合流「ヒカルさんをNo1にしたい」

 “時給日本一”を自称するYouTuberのラファエルが、ヒカルが率いるYouTuberグループ「ネクストステージ」に加入することを発表した。

 ラファエルは、9月28日の動画で所属事務所であるKiiiを退所することを発表していた。その翌日に公開された動画「【重大発表】ネクストステージ加入します!【ラファエル】」では、時間に余裕ができてきてYouTube活動を含め、ハーフリタイア状態になっていたことを明かす。

 そんななか、ラファエルは「残りの人生でやりたいと思っていたことを全部やりたい」との思いでネクストステージへの所属を決めたとのこと。ゆくゆくはヒカルの実の兄まえっさんのように、演者として動画に出演しつつ、裏方のマネージャー仕事へ関わっていき、ヒカルをNo1にしていく手伝いをしたいと明かした。

 ネクストステージは、2016年にヒカル、ラファエル、禁断ボーイズのメンバーで結成されたYouTubeグループ。2017年のVALU騒動でのヒカルの活動休止と合わせて解散が発表され、その後2020年に、ヒカル、まえっさん、名人、ロケマサの4人体制で復活を遂げた。

 現在は、「へきちゃん☆トラちゃん」の相馬トランジスタや、「みきおだ」のみっき〜、そしてみっき〜の活動休止に伴い暫定的に相方のおだけいなどが参加するなど、気づけば合計9人の大所帯グループとなった。ヒカルのYouTubeチャンネルで定期的に動画が公開されたり、「関西コレクション」に出演するなど、徐々にYouTube上での存在感を増している。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる