YouTuberヒカル、実父からの“金の無心”に満額回答? ついに手にした「家族コンテンツ」という武器

 金持ちYouTuber・ヒカルの実父が衝撃の初登場を果たした。

 ヒカルは3月12日、自身の公式チャンネルに「【急展開】実の親父がヒカルの存在に気付いて8年ぶりの電話をかけてきました…」と題した動画を公開した。

【急展開】実の親父がヒカルの存在に気付いて8年ぶりの電話をかけてきました…

 ヒカルの両親は、彼が19~20歳の頃に離婚している。離婚の原因は、ヒカル・父のだらしなさにあったようで、ヒカルによれば「一族全員から忌み嫌われた挙句、家を追放された」という。こうした経緯もあって、ヒカルが実父に最後に会ったのは、およそ8年前。祖父の葬儀の席までさかのぼらなければならない。

 そんな疎遠な父親から、実兄でマネージャーのまえすに連絡が入ったのだから、ただごとではない。ヒカルは、実父と連絡先を共有しておらず、YouTuberとして活動していることも伝えていなかった。ところが、まえすには父親から「ユーチユーバヒカリ見たで 年収5億すごいね」とのLINEが届いていた。ヒカルはこれまで、父親がネットなど見るわけがない、と考えたいたようだが、どうやら、どこからか自分の息子が金持ちYouTuberとして大成功を収めていることを知るに至ったようだ。

 動画のネタとしてこれほど美味しい素材はない。早速、ヒカルはまえすに指示を出し、関西で一人暮らしをする父親へ電話。通話に応じた父は開口一番「東京のほうへ行くわ。休みの日、教えてくれ。いつが空いとんのや?」とアポを取ろうとしてきた。さらに、「YouTuberヒカルって知らなんでのぉ、わしは。こんな大物なっとるって知らん。ごっついことなっとおやん。ビッグやん」と息子の成功を讃えたかと思いきや、その直後「ちょっとわし、お金に困っとんや」と金の無心を切り出した。おそらく、そこが本題なのだろう。

 ためしにヒカルが出ると、父は「ヒカルさん」と実の息子にさん付け。ヒカルが「おとん、金に困っとんやろ? 俺、金しかないから」と気前の良さを見せつけると、父親は「ベンツで迎えに来てくれ」と調子付いた。結果として、後日、ヒカルと実父は会うことになった。もちろん、プライベートではなく、YouTubeの撮影隊も引き連れた動画の企画として。

 今まで希薄な関係だったにもかかわらず、自分の成功を知った途端に連絡をよこした末に金銭を求めてくる親族がいたとしたら、大抵の人は嫌悪感を覚えることだろう。しかし、ヒカルは拒否反応を示すどころか、むしろ「あいつ、やっぱおもろいな。天才でしょ」と、その特異なキャラクターを受け入れ大喜びしていた。

 かつて両親が離婚する際の話し合いの席で、「お前はゴキブリと一緒(でみんなから嫌われている)」と言い放ったというヒカルだが、実父との関係性は決して険悪というわけでもない。それは、昨年9月4日に「【親孝行】関西で一人暮らしするおとんのためにマンション購入してきました」と題した動画を公開していることからも明らか。動画の中でヒカルは「親孝行ではなく節税目的」だと語っていたが、心底嫌ってるのであれば、いつ再会するかもわからない父親のために、わざわざ数千万円の買い物をするはずがない。実際に今回の動画でもヒカルは、「俺とおとんの関係ってすごい良くて、俺もズバズバ何でも言えるし、向こうも俺に言ってくるっていう関係なんで最強なんですよ」と説いていた。