リモートワーク普及でアジア移住希望者が急増 “キャリアの停滞”は起こるのか?

 リモートワークの普及により、アジア諸国への移住希望者が増えている。温暖で快適なレジャー環境や物価の安さが魅力的な一方で、物価の上昇やキャリアの停滞を不安視する声も。移住希望者には気がかりな調査結果も明らかとなっている。

アジアへの移住希望者が急増 充実したレジャー環境と物価の安さが魅力に

 旅行予約サイト『Booking.com』が行った、2万人のリモートワーカーを対象にしたグローバル調査によると、回答者の3分の1以上が、別の地域への移住や長期滞在を検討しているという。希望の移住先として多くの支持を得たのが、タイ (60%)、ベトナム(52%)、シンガポール(50%)、中国(45%)、香港(39%)などのアジア諸国だ。

 シンガポールのワークスペース予約サイト『MillionSpaces』の共同創設者兼COO、エイドリアン・ピアソン氏は、アジア人気の理由として、「充実したレジャーと仕事の環境が整っている」「新しいビジネスチャンスがある」「地理的なアクセスが良い」ことなどを上げた。

 ピアソン氏は、「リモートワークは、定年後の人々だけでなく、現役世代が自分の好きな地域に住むことができるため、今後もさらに広がっていくだろう」と予測している。

 一方で米メディア『CNBC』のインタビューに応じたアメリカ人女性、マルタ・グルトカ氏は、アジア移住の“リアル”を語った。

 バリでのリモートワーク経験があるというグルトカ氏は、「昔バリに住んでいて、パソコンで仕事をしていた。国境の壁がない仕事をしているなら、働く拠点にバリを選ぶことは非現実的なことではない」と述べている。

 しかし同氏は「バリに住んで働くのは、旅行で行くのとは違った体験になる」と警告している。バリへの移住理由は、“物価の安さ”と“生活の質の良さ”だったそうだが、「バリへの外国人移住者は増加し続けており、物価は劇的に上昇している。知り合いの事業主たちは、より費用対効果が高く異国情緒を楽しめるバンコクに移転した」という。

 物価の安さをあてにしてやってきた移住者によって、物価が上がってしまう現象が起きているようだ。