“金持ちYouTuber”ヒカルד伝説のキャバクラ嬢”門りょうのコラボ動画が面白い

 YouTuberといえば、クリエイター/タレントの個性が光る個人チャンネルの動画はもちろん、互いの魅力を引き出すコラボ動画も新鮮で楽しい。中でも最近注目なのが、チャンネル登録者数が420万人を超える人気YouTuber「ヒカル」と、元北新地ナンバーワンキャバ嬢の「門りょう」のコラボ動画だ。

 お互い同姓の視聴者が多いというが、コラボ動画のほとんどは100万回再生以上を記録しており、ダブルミリオンを超えることも珍しくない人気っぷり。最近ではお笑い芸人の宮迫博之と3人でコラボした動画もアップされ、話題を呼んだ。

 今回は初コラボ動画から、その後も話題になった動画をピックアップして紹介していく。

門りょうとの初コラボは2019年12月

 ヒカル×門りょうのコラボ動画は2019年12月20日に初めてアップロードされた。お互い兵庫県出身という共通点もあり、門りょうがYouTubeチャンネルを始めたということでコラボが実現。このときは初回のコラボということもあり、門りょうがどんな人物なのか、その魅力を引き出す回として、お茶を飲みながらヒカルが話を掘り下げていった。

 実はヒカル、門りょうに初めて会ったときに伝説となっているキャバクラ勤務時代ことは詳しく知らなかったらしく「とにかくすごい人」「夜の世界を辞めたあとも現役以上に稼ぐ」など、ウィキペディアを参考に調べた情報を紹介しつつ、質問を投げかけていった。

 まず話題に上がったのは、キャバクラ勤務時代に心がけていたこと。門りょうは「媚びず、ありのままを受け入れてもらえるような接客を心がけていた」と話し、勤務を始めて2ヶ月目でナンバーワンになったエピソードも語られた。

 キャバクラを辞めてからはお店の副社長に就任し、その他には海外から仕入れたインポートのアパレルセレクトショップやモデルの仕事でも成功してきた。その後にはヒカルが展開するアパレルブランドReZARDの女性モデルにも起用されており、動画内のコラボにとどまらない関係性を築いていく。

スシローデートで鬼滅の刃クイズ

 2020年4月には「デートと嘘ついて回転寿司に連れていってみた」という動画をアップ。安くて美味しいと定評のスシローだが、年間数億円を稼ぐであろう2人ではなかなか行く機会がない場所だろう。

 オープニングはパチンコ店前から。ヒカルが「ご飯に良い場所がある」と言い、いざ着いたのはスシローだった。相手が他ならぬ“金持ちYouTuber”ヒカルということで、高級店を期待していたはずの門りょうは、「嘘やろ!?」と驚きつつ入店。10年ほど前には来たことがあるそうで、気を取り直して「ほんまに全然食べれちゃう。喜んで」と話した。

 「こんなとこ連れてくる男、おらへんやろ? それが俺の役目やねん」と、ここでもヒカル節が炸裂。セレブなイメージがある門りょうだが、ファストフードも好きだとして、庶民的な一面を見せていた。また動画では当日カメラマンをしていたヒカルの実兄、通称まえっさんの分まで3人分のお茶を作っており、気遣いを感じた。

 ヒカルが門りょうに寿司は何のネタが好きか問うと「キャビア!」と即答。もちろんスシローにはキャビアはないので、サーモンやコーンなどを注文。小食同士の戦いとして2人でどちらが多く食べられるか対決姿も微笑ましい。

 「めっちゃ美味しい」「高級店よりも気軽に来られて楽だ」と話しながら今ハマっているという『鬼滅の刃』のクイズを楽しんだり、『キングダム』について語ったりしながら動画は進行。最終的にはヒカルが10皿、門りょうが5皿を食べ、普通の食事会となった。スシローの寿司は、高級料理を食べ慣れた人気YouTuberの口にもばっちり合ったようだ。

ツッコミ多めだったメイク動画のアフレコ

 同じく2020年4月には、門りょうのチャンネルに「メイクのことを全くしらないヒカルがアフレコをした結果」というメイク動画が投稿された。

 動画冒頭のすっぴんの状態を見て「幸薄いな!」「元気なさすぎるやろ(笑)」と言いたい放題のヒカル。下地の部分では「適当に馴染ませていく」「歳も歳なんで細かいとこきっちりやらないと若い子に負けちゃうんでね」などと、忌憚のない言葉で、かえって相手の株をあげるという、ヒカルならではのイジりが印象的だった。

 全体としても、「アップ過ぎ」「ネイル見せたがるやん」「何秒見せるねん、早送りせえや」とメイクの解説というよりは、ツッコミ多めの動画に。門りょう本人と同席したまえっさんも終始爆笑していて、メイクがわかる女性にも、わからない男性にもウケる動画になったのではないだろうか。