乃木坂46中田花奈、グループ卒業後の進路を語る「芸能活動をどうするかは考え中」

 乃木坂46のメンバーが、毎週月曜~金曜に日替わりで出演するライブ配信サービス「SHOWROOM」上の帯番組『のぎおび⊿』。7月21日の配信には中田花奈が登場し、グループ卒業を控えた今の心境を語った。

 中田は、7月10日に放送された自身がレギュラー出演するラジオ番組『沈黙の金曜日』(FM FUJI)で乃木坂46からの卒業を発表。「皆さんのおかげでやりたいことができた。アイドルとしてすごく満足していて、ポジティブな気持ちだから、卒業をこの時期に決めた」と前向きな決断だったことを伺わせた。

 今回の配信で、視聴者から卒業に関するメッセージが殺到すると、中田は「卒業の話になりますよね。あんまりちゃんとしゃべってないしなぁ」とつぶやき、「まだ、全体的に相談中みたいな感じなんですよね。時期とかも。別に隠しているわけじゃなく何も決まってないから話せないんです。だから、ごめんね」と説明した。

 続けて、「この間、『沈金』でも言ったけど、ポジティブです。気持ちがすごいポジティブだったから『今、辞めよう』と思ったというのもあるし、あんまり深く正直考えていないのもあるんですけど。『もう、いいかな』って感じでした」と中田。

 「こういう状況ではありますけど、皆さんに何かお返しできることがあればと思います。出来るかわからないけど」と、卒業イベントの開催に意欲を覗かせ、また「芸能活動をどうするかは考え中という感じです」とも語っていた。