乃木坂46遠藤さくら、主演ドラマ『サムのこと』撮影を振り返る「緊張したよ、そりゃ!」

乃木坂46遠藤さくら、主演ドラマ『サムのこと』撮影を振り返る「緊張したよ、そりゃ!」

 主人公・サムを演じる遠藤は、「演技のお仕事はやっぱり難しいですね」とつぶやきつつ、「一緒にやってた4期生の(早川)聖来とかが演技がうまいから、色んなメンバーから刺激をもらえて楽しかったよ」と述懐。コメント欄で視聴者から「緊張した?」と聞かれると、「緊張したよ、そりゃ! (演技は)『プリンシパル』以来だからね」と返していた。

 『のぎおび⊿』配信後には、ニュースアプリ『SmartNews』内で配信される『のぎおび⊿』アフタートークへ。自身に起きたスモールなニュース「乃木坂スモールニュース」として、遠藤は「あやちゃんとかっきー」と書いたフリップボードを掲げ、「筒井あやめちゃんと賀喜遥香ちゃんと久しぶりに3人でお仕事がありまして。めちゃくちゃ久しぶりに会ったのに全然そんな感じがしなくて、楽しくお仕事ができて、やっぱりこの2人が大好きだなと感じた1日でした」と声を弾ませていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!