水溜りボンドが木曜『オールナイトニッポン0(ZERO)』パーソナリティーに! 「本当に夢みたいな状況」

水溜りボンドが木曜『オールナイトニッポン0(ZERO)』パーソナリティーに! 「本当に夢みたいな状況」

 ニッポン放送の深夜ラジオ番組『オールナイトニッポン0(ZERO)』のパーソナリティ発表記者会見が、3月9日に同局にて行われた。


 4月の改編期を迎えた『オールナイトニッポン0』。同番組は、月曜から土曜にかけて深夜に放送されているラジオ番組で、ニッポン放送をキーステーションに、全国12局のネットでも生放送が行われている(土曜日のみ19局ネット放送)。

 今回『オールナイトニッポン0』のパーソナリティに初めて就任することとなったのは、先日結婚したことを自身のTwitterで明かしたタレントのファーストサマーウイカと、UUUMに所属の動画クリエイターコンビの水溜りボンド。ファーストサマーウイカは月曜日で、水溜りボンドのカンタとトミーは木曜日を担当する。一方、パーソナリティ継続して担当するのは、R-指定とDJ松永によるHIP-HOPユニット・Creepy Nuts、テレビ東京のプロデューサーとして『ゴッドタン』や『青春高校3年C組』を手掛ける佐久間宣行、お笑いコンビ・霜降り明星(粗品・せいや)に決まった。

 会見には、ファーストサマーウイカ、水溜りボンドのカンタとトミー、R-指定とDJ松永のCreepy Nuts、佐久間宣行、霜降り明星・粗品の7名が登壇。番組への意気込みについて語った。

 2019年に単発で同局の番組に登場した際に大きな反響があり、今回の就任に至ったというファーストサマーウイカは「ファンの方のおかげで月曜に就任することができました。一人喋りのラジオ番組を持つのは初めてでして、かなりいろんなことを経験して、言っちゃダメなこともわかっているつもりなのですけど、オールナイトニッポンは比較的優しいと聞いたので、自分らしい番組にできたらいいなと思います(笑)」と宣誓。

 水溜りボンドのカンタは「YouTuber史上『オールナイトニッポン』のパーソナリティを初めて担当させていただくことになりました。今までも2回やらせていただいたんですけど、Twitterのトレンドに載ったりとかいろんな経験をさせていただきました。本当に夢みたいな状況」としみじみ。トミーはというと「この並びに立っているのは夢のような話。それこそR-指定さんをずっと見ていた。僕らもYouTubeという本業を頑張りたいのと、ここでも僕ららしさを出していければいいなと思います」と意気込んだ。



 また、トミーは「5年間YouTuberをやってきて、ファンの方との距離感を大切にしてきたので、ラジオでも既存のリスナーさんとストーリーを創っていきたい」とコメント。続けて、ドッキリを番組中に行うこともあるのかと質問されると、「1回目の放送の時は、ドッキリかけましたね。SNSとの連動は得意なのかなと思うので、ドッキリも出来たらと思います」と語った。

 水溜りボンドが担当する木曜『オールナイトニッポン0』の前時間には、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史がパーソナリティを務める番組が放送されている。岡村と今後の交流について尋ねられると、カンタは「まだ接点がないのでわからないんですけど、オールナイトニッポンのみなさんと何かできたら!」と力を込めた。

 会見の途中では、粗品から「水溜りボンドさんとコンビ名の付け方が一緒で、単語2つを出したんですよね?とんでもない奇跡ですよね」と話をふると、トミーは「そうなんです。でも、あんまりおもしろくないじゃないですか、返しがないんですよ」と悩みを告白。すると再度、粗品は「PPAPにたとえて言ってことがあったんですけど、これは辞めたほうがいいです」と言い放ち、会場の笑いを誘っていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!