ロンブー田村淳、亮復帰ライブの“前説動画”を公開 徹底した気遣いで新たな船出を飾る

 YouTuberとしても活動するロンドンブーツ1号・2号の田村淳が1月31日、公式チャンネルに、闇営業問題で謹慎していた相方・田村亮が、芸能活動復帰を果たしたトークライブ「family」の前説動画を投稿した。

トークライブfamilyは淳社長△の前説からスタート。このあと亮さんがでてくる直前までをお届けします。

 反社会的勢力の忘年会に出席し「金銭を受け取っていない」と虚偽の説明をしたとして、昨年6月24日から芸能活動を休止していた亮。1月30日、その復帰公演にあたるロンドンブーツ1号・2号のトークライブ『family』が行われた。

 会場に選ばれた東京・南青山のイベントスペース「WALL&WALL」は、昨年7月20日、宮迫博之と共に亮が謝罪会見を行った場所。この場所を選んだのは、ほかでもない淳だ。その背景には「亮には南青山のこの道を通るたびに嫌な感情を持ち続けて欲しくない」「前向きに再スタートを切って欲しい」という想いが込められていた。

 ライブは応募開始とともに即完売。淳はこの日のために、原点回帰の意味も込めて、デビュー当時のトレードマークだった赤髪に染め直した。チケットを手にした70人の観客たちは開演前、赤と金色の2人がステージ上に並ぶのを今か今かと待っていたことだろう。

 トークライブ後に行われた記者会見で、淳は「亮さんもお客さんも緊張していたので、お客さんをほぐしたほうが良いと思った」と振り返っていた。その「ほぐす模様」を収めたのが今回の動画だ。

 BGMと共に「どうも~」と、飄々とした調子で登場した淳。「ロンドンブーツ1号2号トークライブ『family』へようこそ!」と挨拶をし、「すごい倍率を勝ち抜いてやってきた方々ですよね。案の定(空気が)重めですね(笑)」とズバリ指摘。その瞬間、会場が笑いに包まれ、早速場の空気をほぐしていた。

 淳は「(亮は)久々の人前でのトークになるので、うまく伝えられないことがあるかもしれないですけど、ちょっと多めに笑ってくれるとね」と言い、「あと、こんな嘘をついたやつを甘やかしたくないですけど、久々に出てきたときにみんなからのリアクションが、どよーんとした感じじゃちょっと嫌なんですよね。だから、拍手の練習からしましょうか」と促していた。着々と亮が出てきやすい状況を作りだしていく場回しのうまさは、さすがの一言だ。このことについて亮は会見で「ありがてぇなぁ~」としみじみ感じ入っていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる