ローランドがスマホ用ライブ配信ツール『GO:LIVECAST』発表 手軽にテレビ番組のような演出を実現?

ローランドがスマホ用ライブ配信ツール『GO:LIVECAST』発表 手軽にテレビ番組のような演出を実現?

 ローランド株式会社は、簡単な操作でスマートフォンからのライブ配信に多彩な演出を加えて、動画のクオリティを上げることができる、アプリとコントローラーのセット『GO:LIVECAST』(ゴーライブキャスト)を、2020年1月25日に発売する。

 近年、YouTubeやFacebookなどのSNSに動画のライブ配信機能が追加され、多くのユーザーがそれらを活用して自身のコンテンツを配信しているが、スマートフォンの性能向上によって、ライブ配信を気軽に始めることができるようになり、フリー・トーク、カラオケ、楽器演奏、メイクアップ方法の解説など、ジャンルは多様化。配信ユーザーは、視聴者数を増やすためにさまざまな工夫を凝らしており、テロップや効果音などを加える演出の重要性が増しているものの、専用機器の準備や操作が必要で、初心者が導入するには難しい面がある。

 今回発表された『GO:LIVECAST』は、そんなスマートフォンでのライブ配信に、リアルタイムでテレビ番組のような多彩な演出を加えられる編集ツール。専用アプリ(iOS/Android対応)をインストールしたスマートフォンにコントローラーを接続し、ボタン操作でテロップやタイトル画面、インパクトのある効果音などを加えることが可能で、簡単にライブ配信のクオリティを高め、視聴者からの注目度を上げることができる。

 また、『GO:LIVECAST』は、日本最大級のライブ配信サービスで、10~20代のユーザーに人気の「TwitCasting」(通称:ツイキャス)をはじめとするライブ配信サービスに対応。ツイキャスでは、モイ株式会社との技術協力で、よりスムーズで安定した配信を実現する。

 専用アプリには、拍手や笑い声のほかコミカルな効果音、幅広い場面で使えるBGMや静止画、動画サンプルが内蔵されており、手軽に使うことができる。ユーザー自身がスマートフォンに保存した動画や写真、音楽の使用も可能で、テロップを挿入する際には、文字や色を自分で設定でき、雰囲気づくりにこだわった演出を行うことが可能だ。

 さらに、顔の映りをよくする「美肌フィルター」など、便利な機能を搭載。無線接続した2台のスマートフォンのカメラ映像を使って、アングルを切り替えたり、2つの画面を重ねたりすることもできる。視聴者からのコメントをアプリの画面上に表示して、配信中にリアルタイムのコミュニケーションを楽しもう。

 『GO:LIVECAST』のコントローラーにはマイクを内蔵。各音声のバランス調整や、マイク音声のミュートも簡単。エコー機能で歌やトークをより印象的に演出したり、外部マイクを接続してより高音質で配信することもできる。

 『GO:LIVECAST』アプリには、ライブ配信にすぐに使える便利な動画や画像、効果音やBGM素材を内蔵。自分で用意した映像や音源との組み合わせも可能で、配信中に最大6種類の素材を使用できる。それぞれの素材は、コントローラーの操作ボタンに自由に割り当てることができ、割り当てた設定は「ライブセット」として保存してすぐに呼び出して使うことも可能だ。

 また、もう1台スマートフォンを用意すれば、無線接続で2台目のカメラとしても機能。2台のカメラの映像を切り替えたり、メインの画面にもうひとつの「サテライト画面」を重ねて表示することもできる。

 『GO:LIVECAST』コントローラーには、手のひらサイズのボディに、演出の素材を割り当てる6つのボタン、マイク音声のオン/オフ用ボタン、エコーのオン/オフ用ボタン、2台のスマートフォンの映像切り替え用ボタンなどをわかりやすくレイアウト。入力端子ごとのボリュームつまみや、マイク感度を調節するつまみもついており、音のバランスを最適に調整できます。

 内蔵マイクのほかには、48Vファンタム電源対応のマイク端子を装備。コンデンサー・マイクを接続して、高音質のトークや歌を配信できる。ヘッドセット・マイクの接続も可能で、マイクの位置を気にせず配信が行えるほか、LINE IN端子にはシンセサイザーなどの楽器を接続し、演奏を高音質で配信できる。

■製品情報
スマートフォン用ライブ配信ツール  『GO:LIVECAST』
価格:オープン価格
発売日:2020年1月25日(土)
初年度販売予定台数(国内/海外計):4,000台

詳細および主な仕様(ローランド公式HPにて)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる