ももいろクローバーZ『第3回 ももいろ歌合戦』への意気込み&2019年を語る

ももいろクローバーZ『第3回 ももいろ歌合戦』への意気込み&2019年を語る

メンバーが楽しみにしている出演者は?

ーー今年もAbemaTVでの生中継が決定しました。この番組を通して、あらためてももクロの魅力を再発見する方もいると思います。みなさんにとって、『ももいろ歌合戦』はどのようなイベントですか?

玉井:大晦日からお正月にかけての過ごし方って、お家で家族揃ってゆっくりテレビを観ながら団欒しているのかなと思うんです。その中の一つとして『ももいろ歌合戦』があって、そこでチャンネルを止めてもらえるような番組になったらいいなと思いますね。3回目の今年は、大先輩のアーティストさんから、若手のアイドルグループ、お笑い芸人さんが出てくれたりと本当に出演者の幅が広い。ジャンル問わずの方々なので、幅広い世代の方に刺さるんじゃないかと思います。

玉井詩織

ーー例えば、AbemaTVは、テレビを点けながらスマホでも観られますよね。気軽に豪華アーティストのライブが楽しめるわけですが、今年も錚々たるラインアップとなりました。まずは、昨年に引き続き連続出場のアーティストから、みなさんが楽しみにしている方々を教えてください。

佐々木:氣志團さん! 『氣志團万博』でもお世話になっていますし、『ももいろ歌合戦』の1回目、2回目では私たちの曲をやってくださっているんです。去年は私たちの「あんた飛ばしすぎ!!」を氣志團バージョンでカバーしてくださって。うちらのライブより盛り上がっていたんじゃないかってくらい会場は大盛り上がりだったので(笑)。今年は何をやってくれるのか楽しみです。

高城:私は、サイプレス上野さんとロベルト吉野さん。やっぱり横浜と言えば、というのがありますし、毎年勢いのあるラップで会場を沸かしてくれて、ラップに詳しくなくても自分が強くなったような気になれるんです。今年もエッジの効いたラップを楽しみにしています。

高城れに

ーー高城さんは永野さんとお笑いライブを開催する縁深い関係性ですよね。

高城:そうだ! 永野さんもですね。今年は映画(『MANRIKI』)が公開になったりもしていたので、また永野さんの新しい一面を見られたらいいですね。

佐々木:永野さん、去年は文句ばっかりだったんで。去年はMCをやったりもしてくれていたんですけど、「出ずっぱりだ!」ってずっと文句言ってたもんね。

佐々木彩夏

ーーそんな裏エピソードもあったんですね(笑)。

玉井:私は、角田晃広さん。東京03としても出場してくれるんですけど、角ちゃんは毎年いちアーティストの顔で出てくださるんです。マジで歌が上手なんですけど、本当に気持ちよさそうに歌っていて。「セイ!」とかコール&レスポンスしている姿が、本当はこっちの道で行きたいんじゃないかってくらいにのびのびしているのが毎年面白くて(笑)。そして、角ちゃんが歌ってる時に若干心配そうに「あいつ、なんなの?」って心配そうに観ている豊本(明長)さんと飯塚(悟志)さんの顔にも注目しています。

百田:私は森口博子さんです。森口さんが出る時に、いつも裏のモニターがスタッフさんでいっぱいになるんですよ。

佐々木:角ちゃんも森口さんを観に来てたよね(笑)。

百田:角田さんも観に来るくらいにガンダム世代の方とか、関係者にもすごくファンが多くて(※森口博子は劇場版アニメ『機動戦士ガンダムF91』の主題歌を歌唱、ガンダムソングのカバーアルバムを発表するなど同作と縁が深い)。うちらが裏でモニターが観られないくらいに、本当に人気なんです。今年はモニターをスタッフさんに取られないように、自分たちも出演者の方々のステージを楽しみたいですね。

百田夏菜子

ーーでは、初出場の方はいかがですか?

百田:すごいよね!

佐々木:豪華! 応援団長の野々村真さん、森尾由美さんが出てくださる。真さんには直接ご挨拶させていただいたんですけど、すごいノリノリで「盛り上げようね!」って言ってくださっているので頼もしいです。

(4人が初出場組のリストを見ながら)

玉井:ファンキー加藤さん!

佐々木:楽しみ!

玉井:去年、マー君の登場曲「吼えろ」を作っていただいたんですけど、実際それ以降お会いできてないので楽しみです。

佐々木:マー君、観に来てくれるかな?

玉井:FUNKY MONKEY BABYS時代からすごく大好きなので、あの熱いパフォーマンスを期待しています。

高城:私はC&Kさんが楽しみです。私たちの結成10周年に「クローバーとダイヤモンド」を提供してくださったんです。今年も何回かお会いしたり、フェスでご一緒させていただいている中で、今回出演を快く受け入れてくださいました。

ーー私立恵比寿中学も初出場ですね。

佐々木:昨年までは、りったん(中山莉子)、(小林)歌穂ちゃんと、年越しの時間に出られないメンバーがいたんです。この日は、カウントダウンライブ(『カウントダウン学芸会「ねずみ年の幕開けはエビチュー」』)をやるにも関わらず、私たちのライブに来てくれるのは嬉しいです。お互いこんな歳になったんだって思うよね。

 あとは、妃海(風)さんも楽しみ! 去年はミュージカルでお世話になって、今年も夏のライブやラジオにも出てくださったり、たくさんお世話になっているお姉さんなんです。普段話している時は、ノリのいいお姉さんですけど、歌い出すとみんなが虜になっちゃうと思います。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる