iPhone 11がユーザーに無断で位置情報収集 制限しても追跡されていた?

iPhone 11がユーザーに無断で位置情報収集 制限しても追跡されていた?

 Appleはユーザーのプライバシー保護に誇りを持っていると企業と思われていたが、iPhone 11シリーズに、深刻なプライバシー問題が発覚した。

 iOSには位置情報アクセスをブロックしたり、アプリごとに制限したりできる設定がある。この設定では、一部のアプリに位置情報へのアクセスを許可し、他のアプリがアクセスしないようにできる。

 しかし、アプリのアクセスを全て制限しても、本体のアクセスをブロックしない限り、iPhone 11は位置情報を追跡していたのだ。これはソフトウェア更新プログラムで修正できるバグのように思えるが、Appleの当初の回答によると、意図された機能だったようにも思えてしまう。

プライバシーポリシーと設定機能に矛盾

 『KrebsonSecurity』は12月3日「iPhone 11 Proの位置情報に問題」と報じた(参考:https://krebsonsecurity.com/2019/12/the-iphone-11-pros-location-data-puzzler/)。

 Appleの新しいiPhone 11 Proの奇妙な性質の一つは、携帯端末の全てのアプリとシステムサービスが個別に位置情報を要求しないように設定されている場合でも、ユーザーの位置情報を断続的に追跡することだ。Appleはこれは設計によるものだと述べているが、その対応はプライバシーポリシーと矛盾している。

 iPhoneの位置サービスのプライバシーポリシーには「ロケーションサービスが有効になっている場合、iPhoneは定期的に近くのWi-Fiホットスポットとセルタワーのジオタグ付きロケーションを匿名で暗号化された状態でAppleに送信する」とある。

 このポリシーでは、ユーザーは1回のスワイプで全ての位置情報サービスを完全に無効にできると説明している。システムサービスをタップして、各ロケーションベースのシステムサービスをオフにして無効にすることもできるとされている。

 しかし、このモデルでは、位置サービスを完全にオフにしない限り、無効にすることは出来ない。これは、iPhone 11 Proデバイスの最新のオペレーティングシステム(iOS 13.2.3)でも起こっている。最新のiOSを搭載したiPhone 8では、これを再現することはできなかった。

 これについてAppleは当初、懸念を抱いておらず、iPhoneが設計どおりに機能しており、実際のセキュリティへの影響はないと回答。位置サービスが有効になっている場合、ステータスバーに位置情報サービスのアイコンが表示されるという。

「Appleなら、もっと早くに解決できただろう」という指摘も

 この問題について、『Forbes』は「Appleなら、もっと早くに解決できただろう」と指摘(参考:https://www.forbes.com/sites/kateoflahertyuk/2019/12/04/apple-iphone-11-iphone-11-pro-location-privacy-issue/#3ee221872127)。

 iPhone 11は、9月に発売され最初の数ヶ月で売り上げを伸ばし、Appleの株価を押し上げた。しかし、iPhone 11 Proと、おそらくiPhone 11は、かなり深刻な位置プライバシーの問題に直面している。

 iPhone 11 Proを所有している場合、この問題を回避できる唯一の方法は、設定で位置情報サービスを完全に無効にすることだ。携帯電話の操作性に深刻な影響を及ぼすが、懸念がある場合は、マップなどの特定のサービスの機能をオフ・オン切り替える価値がある。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!