ZホールディングスとLINEが“経営統合”発表 Yahoo! JAPAN、ZOZOなど繋がり国内IT最大手へ

ZホールディングスとLINEが“経営統合”発表 Yahoo! JAPAN、ZOZOなど繋がり国内IT最大手へ

 「Yahoo! JAPAN」や「ZOZO」などを運営するZホールディングス株式会社(代表取締役社長:川邊健太郎)とLINE株式会社(代表取締役社長:出澤剛)は、本日開催したそれぞれの取締役会において、対等な精神に基づく両社グループの経営統合について、資本提携に関する基本合意書の締結を決議。国内IT会社における超大型経営統合が現実のものとなった。

 両社は、2019年12月を目処に、本資本提携基本合意書に定める事項に関する法的拘束力のある最終契約を締結することを目指し、協議及び検討を進めていく予定。最終資本提携契約を締結した場合には、その内容について改めて開示するという。

 本経営統合を実現するための取引の一環として、LINEは本日付で、ZHDの親会社であるソフトバンク株式会社(代表取締役CEO:宮内謙)及びLINEの親会社であるNAVER Corporation(President & CEO:Han Seong-sook)より、LINEの普通株式(預託証券1個につきLINEの普通株式1株を表章する米国預託証券(American Depositary Shares)を含む)、新株予約権及び、新株予約権付社債の全てに対する公開買付け及び、その後の一連の取引を通じてLINEを非公開化する意向がある旨の意向表明書を受領した。

 今回の統合により、利用者が1億人規模に上る国内首位のインターネットサービス企業が誕生。ZホールディングスとLINEはともに多角的なサービスを展開しており、それぞれがどのようなシナジーを生んでいくのか楽しみだ。まずは両社のトップからの発言を待って、今後の動きを予測してみたい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!