チームラボ、タッチしたり線を引くと変化する「小人が住まう黒板」をヘルシンキに常設展示

チームラボ、タッチしたり線を引くと変化する「小人が住まう黒板」をヘルシンキに常設展示

 チームラボが2019年11月8日より、ヘルシンキのMUJI Kamppi Helsinkiにてインタラクティブに世界が変化する「小人が住まう黒板」の常設展示を開始した。

 「小人が住まう黒板」は、黒板の中の小人やシャボン玉などにタッチしたり、線を引いたりすると、インタラクティブに世界が変化していくというもの。自由なクリエイティビティを高める「共創(共に創る)の場」で、遊びを通して、他者と関わり、黒板の中の世界を創造することが目的。ゲームをクリアするような明確なゴールはなく、ゴールすらも自分たちで見つけ、遊び方を自分たちで創造しながら、そこに居る人たちが共に創り上げていく展示となっている。

(文=編集部)

【作品】
小人が住まう黒板 / A blackboard where Little People Live
teamLab, 2014-, Interactive Digital Installation, Sound: teamLab

A blackboard where Little People Live / 小人が住まう黒板

作品:https://www.team-lab.com/blackboard

【概要】
MUJI Kamppi Helsinki
会場:Urho Kekkosen katu 14th Floor, 00100 Helsinki
営業時間:月曜日〜金曜日 9:00〜21:00 , 土曜日 9:00〜19:00 , 日曜日12:00〜18:00
公式HP:https://www.muji.com/fi/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!