『ドラクエウォーク』プレイレポ:「追憶の賢者」ボス・りゅうおうを万全の対策で攻略してみた

 9月12日にリリースされ、多くのプレイヤーを散歩という名の冒険に駆り立てているARゲームアプリ『ドラゴンクエストウォーク』(ドラクエウォーク)。現状配信されている5章までのメインクエストをクリアするユーザーが増えてきたなかで、さらなる強敵として登場したのが、期間限定の「DQ1イベント」の3章・上級をクリアすると解放される、「追憶の賢者」のボス・りゅうおうだ。

 「追憶の賢者」その1は推奨レベル40、その2は45と、メインクエスト5章10話の50を下回っているが、同ボスの「まおうのつかい」よりよほど強いように感じる。多くのプレイヤーを苦しめている、現状最強のボスといえる「追憶の賢者その2」の攻略ポイントをお伝えしたい。


 ここでは、りゅうおうがストーンマンとキースドラゴンを引き連れて登場する。やっかいなのは、多発する状態異常攻撃だ。2回行動のりゅうおうは、原作でおなじみの「わしの味方になれば世界の半分をやろう」というあまいささやきで、味方単体に混乱or魅了+呪文耐性低下の状態異常に陥れるほか、「やみのはどう」で全体の守備力&すばやさを下げ、あろうことかマホトーンで呪文すら封じにかかってくる。全体攻撃魔法のベキラマ、単体攻撃魔法のドルクマも威力も高く、レベルと装備を万全に整えても、無策で挑めば苦戦必至の難敵だ。


 さらに、300近くHPを持っていかれる「つうこんのいちげき」持ちのストーンマン、強力な全体攻撃(かえんのいき/こおりのいき)の他、味方単体をねむり状態にする「ラリホー」も使うキースドラゴンもやっかいで、気を抜いているとすぐに追い詰められてしまう。筆者は平均42レベルで挑んだ初戦、これまで通り、最大火力の戦士にバイシオン(攻撃力アップ)重ねがけ&スカラで味方それぞれの防御力アップ、というスタンダードな立ち回りで臨んだが、パーティーメンバーは状態異常のデパート状態になり、あえなく全滅してしまった。

 やっかいな状態異常攻撃はミスもそれなりに多いため、何度も挑めばそのうち勝てるだろう。しかし、スクウェア・エニックスが期間限定イベントで「運ゲー」を強いるはずがない(はず)。ということで、万全の対策を講じて再戦を迎えることにした。

盾スキル「まもりのたて」がポイント

 やはり重要なのは、状態異常をいかに回避するか、ということだ。有効なのは、盾スキルの「まもりのたて」(4ターンの間、状態異常にかかりにくくなる。まれにミスすることも)。こちらはイベントで比較的入手しやすい「ラダトームの盾」や、レア度3の「ライトバックラー」「ホワイトバックラー」などでも習得可能なので、普段の装備からランクを落としても、優先したいところ。人数分揃わなければ、混乱状態は「天使のすず」、ねむり状態は「めざめの花」と、道具で即回復するようにしたい。

 また、早く倒しきるため「バイシオン」はアタッカーに重ねがけしたいところだが、相手の通常攻撃は頻度的に捨てても問題なさそうなので、無理にスカラをかけるより、回復を優先させたほうがよさそうだ。それでも3体同時に相手するのは骨が折れるので、ラリホーは封じられても全体攻撃が痛いキースドラゴンから落としたい。また、回復薬の手が回らないときのため、「特やくそう」はきちんと10個、持っていくようにする。

 と、そんな対策で挑んだところ、安定して倒すことが可能だった(パーティの平均レベルは44.5。もう少し低くても勝てそうだ)。筆者は運よく、りゅうおうへの追加ダメージが得られる「ロトの剣」をガチャで引けていたこともあり、バイシオン×2のギガスラッシュで、600~700のダメージを出すことができたのも大きかったが、特効武器が必須ということはなさそうだ。また、より楽に攻略できる方法はないかと試していたところ、ストーンマン・キースドラゴンとも、ラリホーが効くことが確認されたので、どうしても勝てない人は、まずお供の2体を眠らせにかかるのもひとつの手だと言える。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!