フィッシャーズ・ンダホ、『変装かくれんぼ』で大活躍! ランナーに扮した桜井日奈子を捕まえる

 人気YouTuberグループ・フィッシャーズのンダホが、10月5日放送の『変装かくれんぼ ハイド&シーク』(TBS)に出演した。

 横浜・八景島シーパラダイスを舞台に、総勢15名の芸能人たちが、特殊メイクも駆使して変装し、隠れている30人の芸能人を探し出せるか挑戦する、「本気のかくれんぼ」が展開された。2時間以内に全員を発見できれば、1000万円の賞金を獲得できる。

 ンダホは変装する側ではなく、プレイヤーチームに参加し、巧妙に隠れた芸能人たちを探すことに。ちなみに、プレイヤーはンダホのほか、五十音順で、朝日奈央、井戸田潤(スピードワゴン)、尾形貴弘(パンサー)、小倉優香、小倉優子、髙地優吾(SixTONES)、鈴木奈々、中井りか、中岡創一(ロッチ)、濱田龍臣、魔裟斗、宮川大輔、目黒蓮(Snow Man)、レッド吉田(TIM)という豪華メンバーだ。変装した芸能人に気づかず、背中につけられた大きな赤いボタンを押されてしまうと、その時点で脱落というシビアなルールもある。

 序盤戦、パンサー尾形とともに捜索をしていたンダホ。すると、子どもたちや家族連れの人たちから、ンダホばかりに「がんばれー!」「ンダホー!」と声が掛かる。番組も、地上波ではおなじみとは言い難いかもしれない、トップYouTuberの人気ぶりをしっかり伝えていた。

 そんなンダホに、最大の見せ場が訪れる。ランナーに変装し、一般客に紛れてSnow Man・目黒連を脱落させていた桜井日奈子が赤いボタンを目掛けて迫るが、間一髪でそれに気づいたンダホ。「そんなことあるんすか、マジで!?」と焦りながらも、見事に桜井を返り討ちにしていた。

 この攻防で疲れたンダホは、変装芸能人を探しながら少し涼みたい、ということでお土産屋さんに入ることに。しかしここには、元宝塚女優の遼河はるひが、男役の経験を生かし、男性店員に変装して潜んでいた。

 「目が合う人は大丈夫。目が合わない人が危ないから……」と、人の多さを警戒しつつ進んでいたンダホだが、ここで遼河が後ろからボタンをプッシュ。「やられたー!」「もっかいやりたーい!」といいリアクションを見せ、テレビでもその愛されキャラぶりを発揮していた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!