>  > 草なぎ剛、YouTubeでラジオ企画開始

草なぎ剛、YouTubeで待望のラジオ企画始動へ 「つよしのイケボ」コーナーに早くもお便り殺到

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YouTuberとしても活動するタレントの草なぎ剛が9月7日、自身のYouTubeチャンネル「ユーチューバー 草彅チャンネル」に投稿した動画の中で、YouTube上で一人ラジオを放送することを宣言した。

 bayfmで24年以上続くラジオ番組「ShinTsuyo POWER SPLASH」(旧番組名:SMAP POWER SPLASH)のパーソナリティを香取慎吾と共に務める他、「ブラタモリ」(NHK)や「僕らの音楽」(フジテレビ系)のナレーションを担当するなど、一人しゃべりと声の良さに定評のある草なぎ。このほど、YouTubeでラジオをやっている他のYouTuberに触発されて、「ウチもやってみようかな」と思い立ったらしい。

 草なぎは「ShinTsuyo POWER SPLASH」を指して「ラジオは慎吾と一緒に何十年もやってるんですけど、1人でYouTubeラジオはどうかな」とやや不安顔。そこで、「皆さんの助けがないとできないと思うので、皆さんから色んな意見を伺いながらラジオを作っていこうかなと思います」と呼び掛けた。

 さらに草なぎは「じゃあ、なんか募集しましょうか!」と唐突に一言。どうやら、お題に沿ったお便りを募集するいくつかのコーナーを設けるようで、今回、それぞれのコーナーについて詳細説明も行われた。

 1つ目は「新しい〇〇」。新しいことを始めた、新しいものを買ったなど、何らかの新しさに触れたリスナーからの体験談を募集するという、草なぎいわく非常に「ラジオっぽい」コーナーだ。2つ目は「つよしのイケボ」。先述のようにナレーション経験豊富で良い声をしている草なぎに言って欲しいセリフを募集するという、声優のラジオなどでよく耳にするコーナーである。

 3つ目は「ワンエピソード ワンミュージック」。これは、リスナーから募集した楽しかったこと、つらかったこと、悲しかったことなど喜怒哀楽のエピソードを募り、草なぎがその実話をもとにした即興ソングを作るというもの。先日、11月27日、28日に『ギターはっぴょう会』を開催すると発表した草なぎにとっては、良い予行練習の場になりそうだ。4つ目は「ツヨッター」。これから流行るもの、今学校で流行っているものなどを、Twitter風に草なぎへ報告するという、こちらもとてもラジオ的なコーナーとなっている。

      

「草なぎ剛、YouTubeで待望のラジオ企画始動へ 「つよしのイケボ」コーナーに早くもお便り殺到」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版