「カジサックの部屋」生配信にエハラマサヒロ登場 意外なものまねに視聴者からは絶賛の嵐

 キングコングの梶原雄太(カジサック)が8月12日、自身の運営するYouTubeチャンネル「カジサックの部屋」に、エハラマサヒロをゲストに招いて緊急生配信を行なった。

 お盆期間中につき家族が帰省しているため、自宅に一人ぼっちでいるというカジサック。「今日は同じ境遇の人をお呼びしています。それでは登場していただきましょう! この方です!」と煽ると、エハラが登場した。エハラもカジサックと同じ4人の子を持つパパ。そして、全員が奥さんの実家へ帰省しているという、ある意味、似た者同士で配信をすることになったのだ。

 登場するなりエハラは「ずっとカジさんとトークしたかったんですよ!」と一言。続けて「僕は思うんですよ、緊急配信するのであれば、せっかくやからカジさんの話を聞きたい!」と熱弁した。「えっ、どういうこと?」とキョトンとした表情のカジサックを相手に、エハラは「カジサックはいつもゲストさんの話を回してて、言うたら、カジさん自体は『あ~』って言うてるだけじゃないですか」と聞き役に徹していることを指摘しつつ、「でも、カジさんがゲストで入ってきて、その話を聞く回っていうのがあってもいいんじゃないですか?」と力説していた。

 この話を聞いて、「あ~、それは正直、今までやったことがなかった」と青天の霹靂のようなリアクションをしたカジサック。「でしょ? だから、カジさんの話をみんなも聞きたいはずですよ。もう(チャンネル登録者数)110万人も超えてるわけですから。それを今までやる人がいなかったから、僕がやりたかったんです!」と献身的な姿勢を見せるエハラに、視聴者からは「聞きたい!」「確かに!」「エハラさん、斬新!」と賛同の声が多数寄せられた。

 さらに、エハラは「だから僕が“カジサック”となって、カジサックさんをゲストで呼びます」と意外な提案をする場面も。「エハラさんがカジサックになるの? できるんですか?」と不安がるカジサックに、「もちろん! 僕は今まで誰かの“化身”として生きてきましたから」とモノマネ芸人としての矜持を覗かせつつ、「それに、カジサックのVTR全部見てるわけですから!」と豪語した。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!