>  > 乃木坂46伊藤理々杏、“乃木坂仕様”の商品に熱狂

乃木坂46伊藤理々杏、齋藤飛鳥・白石麻衣・生田絵梨花がデザインされた商品に熱狂「食べる用、保存用、観賞用、布教用が必要」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46のメンバーが、毎週月曜~金曜に日替わりで出演するライブ配信サービス「SHOWROOM」上の帯番組『のぎおび⊿』。6月20日の配信には伊藤理々杏が登場した。

 今週の『のぎおび⊿』では、梅雨にちなんで「相合傘をつくろう!」という特別コーナーが実施されている。これは、スケッチブックに自分の名前と相合傘をしたいメンバーの名前を書いて発表するというもの。ちなみに、相合傘をしたい理由は「憧れているから」「仲が良いから」「仲良くなりたいから」など、何でも良いらしい。

 コーナーに際して伊藤は「私が誰を書くか予想してください!」と、視聴者へクイズを出題。するとコメント欄には「齋藤飛鳥」「松村沙友理」「与田祐希」「山下美月」らの名前が列挙された。それを見ながら「やま(山下美月)とかが多いのかな? まぁ、みんなそれぞれ予想がありましたけど、私の相合傘はこちらです!」と言って、「りりあ」の横に「ずーちゃん」と書かれた相合傘をカメラに向けて掲げた。

 「ずーちゃん」とは高山一実のこと。高山は、舞台「乃木坂46版:美少女戦士セーラームーン」で共演して以来親交が厚く、お気に入りの後輩でもある伊藤に、敬称ではなく親しみを込めて「あだ名+ちゃん」付けで呼んで欲しいと常々お願いしてきた。ところが生真面目な性分ゆえか伊藤は「『ずーちゃん』といまだに呼べていません! とっさに『高山さん』って言っちゃうんですよ」と白状していた。

 続いて近況トークへ。最近は本をよく読むようにしているという伊藤。もともと幼少期から本屋へ訪れるが好きだったようで、「本屋さんに行くたびに本を買っちゃうんですよ! 全然家に読んでない本、いっぱいあるのに!」と“あるある”な悩みを告白した。ちなみに、最近読んでいる本は太宰治の『人間失格』だという。

 また先日、久保史緒里の家へ行き、中村麗乃、吉田綾乃クリスティー、伊藤の3期生4人で、久保が所有していたカードゲームに興じたとも報告した。そのカードゲームはいわゆるトレーディングカードではなく、ファミリー向けのものらしい。伊藤は「名前は忘れました」としつつも、「めっちゃ面白かった!」と感想を述べ、「みんなでほんとに笑いました! すごい騒いで(笑)」とうれしそうに思い出を振り返った。

      

「乃木坂46伊藤理々杏、齋藤飛鳥・白石麻衣・生田絵梨花がデザインされた商品に熱狂「食べる用、保存用、観賞用、布教用が必要」」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版