『テラスハウス』東京編・第3話の前に読みたい、メンバーが語る映画館デートの醍醐味「下心が働くよね」

 東京編・第2話の終わりでは莉咲子が翌日休みなので、誰か遊ばないかとメンバーに尋ねると、流佳は空いているらしく、一緒に映画を観に行く約束をする。そんな約束を交わしたあとのリビングでの会話が未公開映像としてYouTubeで公開された。

 流佳と莉咲子の映画デートに対して香織が「映画良いね〜、デートで行きます? 喋る機会なくない?」とケニーに尋ねると、「俺も思っちゃう、でも楽しそうだよね」と一言。香織は「席が近いからドキドキするんだよね」と嬉しそうだ。それに対してケニーは「あれはもう下心が働くよね」と返す。翔平もドリンクを取るときに肌が触れ合う時にあえて動かさないで、何秒キープできるか試すという。これには女子と話すだけで顔が赤くなってしまう流佳は俯いて恥ずかしそうな表情だ。

 一方香織は、映画を観ている間にが終わった後の感想を考え始め、「これ言ったらミーハーかな」など考えてしまうと緊張してくると明かすと、ケニーは「考えすぎだよ、もっとシンプルに楽しめばいいのに」とツッコミを入れ、皆盛り上がった。

 さらに話は進み、「ポップコーンをひとつ頼んで思わず手が触れてしまうのがやりたいです」と翔平。これには香織も大賛同。2人は大盛り上がりだが、映画館デートを控えた莉咲子と流佳はなんだか恥ずかしそうな表情だ。行く前から変に意識してしまったかもしれない。第3話では、そんな2人のドキドキするエピソードを見ることができるのか。今から楽しみだ。

(文=編集部)

【2nd WEEK】映画デート約束の続き…「距離が近くてドキドキする」

 



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる