ファーウェイ、AI撮影やしずく型ノッチ採用の「HUAWEI nova lite 3」を発売

 SoCはHUAWEI Kirin 710を搭載。省電力性にも優れており、パフォーマンス的にもミドルレンジモデル帯のなかでも上位モデルに位置づけされる。バッテリー容量は3400mAh。背面には指紋センサを備えるほか、顔認証も搭載した。

 『HUAWEI nova lite 3』は価格を抑えながらもフラグシップモデルで先行的に搭載されたAI撮影機能や被写体をスキャンしてカロリーや類似商品を検索する「AI Vision」などが利用できるようになっている。他にもゲームを快適にプレイするための「GPU Turbo」モードも利用可能だ。「GPU Turbo」は国内では「伝説対決 -Arena of Valor-」「Vainglory 5V5」「モバイル・レジェンド:Bang Bang」「PUBG MOBILE」「Rules of Survival」の5つで利用可能となる。

 ネットワーク周りでは、FDD-LTEが1/2/3/8/17/18/19、TD-LTEが41に対応。キャリアアグリゲーションに対応するほか、au VoLTEをサポート(2月1日より順次配信のアップデートで対応済み)。DSDVにも対応するが、microSDカードとの排他利用となる。AndroidバージョンはAndroid 9.0 Pie(EMUI 9.0)でBluetooth 4.2、Wi-Fiは2.4GHzのb/g/nで5GHzのacの利用はできない。

■佐々木翼
モバイル製品などのガジェットに詳しいフリーライター。モバイルメディアの「ガジェットギーク」も個人運営している。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる