SixTONESが明かした『YouTube FanFest』の舞台裏 2019年も目が離せない理由がここに!

 ジャニーズJr.の6人組ユニットSixTONESが、12月11日に出演した『YouTube FanFest』の舞台裏動画を配信した。10月に日本人アーティスト初となる『YouTube アーティストプロモキャンペーン』に抜擢され、オリジナル曲「JAPONICA STYLE」のMVもアップロードしていたSixTONES。『YouTube FanFest』では、コブクロ、水曜日のカンパネラ、スカイピース、TWICE、Fischer’sなど人気アーティストたちが出演する中でトリという大役を務めた。

SixTONES【YouTube FanFest】舞台裏に密着!!

 これまで数々の先輩ジャニーズアイドルたちのコンサートを盛り上げ、自らもジャニーズJr.として多くの舞台に立ってきた彼ららしく、当日は堂々としたパフォーマンスを披露。和のテイストを現代風にアレンジした「JAPONICA STYLE」に加えて、力強いダンスナンバー「IN THE STORM」「Amazing!!!!!!」と3曲を歌い上げた。

 だが、今回配信された動画を見ると、出演アーティストがジャニーズだけではないステージに立つという初めてのプレッシャーに「アホみたいに緊張する」「どんぐらい(SixTONESの)ファンがいるんだろう。3人ぐらいだったらどうする?」と、落ち着かない様子。20代の等身大の彼らの姿が映し出されていた。

SixTONES @ YouTube FanFest Music JAPAN 2018 | 「JAPONICA STYLE」「IN THE STORM」「Amazing!!!!!!」

 実は現在、帝国劇場で『ジャニーズ King & Prince アイランド』に出演中のSixTONES。当日も、朝早くに千葉・幕張メッセでリハーサルを行ない、すぐさま東京・丸の内にある帝国劇場で舞台をこなし、再び出番前に幕張メッセに戻って本番のライブ……というハードスケジュールだった。ジャニーズJr.たちは、こうした舞台をいくつも掛け持ちすることは決して珍しくないという。こうしたスケジュールを日常的にこなすことで、スターの基礎体力が培われていくのだろう。

 とはいえ、疲れなどを感じさせることはなく、カメラが回るとSixTONESらしい軽妙な楽屋トークが繰り広げられる。「こういうときジェシーは動じないタイプなんですよ」と松村北斗に話を振られたジェシーが「メッチャ緊張してるよ!」と反論。それを聞いた髙地優吾が「手汗ヤバイもんね」と合いの手を入れれば、両手を丸めるように差し出して「メダカが飼えるもん、ここで」と即座にボケていくジェシー、というチームワークの良さを発揮。

 また、京本大我がベルトをゴソゴソといじっていると、森本慎太郎が「太ったらしいっす」とMV撮影時に着用していた衣装がきつくなったことを、丁寧にカメラに説明してくれる。そんなふたりのもとに、自然とメンバーが集まってきてニコニコと笑っているところも、SixTONESらしい風景だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる