『ゼロ 一攫千金ゲーム』『ドクターX』も 人気ドラマスピンオフ作品が動画配信サービスで展開中

 ある作品から派生した物語を描いた「スピンオフ」と呼ばれる作品がある。例えば、主人公以外のキャラクターを物語の中心に据えることで、もともとの作品では映し出されなかったストーリーを視聴者は楽しむことができる。そして、鑑賞後に本編をまた違った感覚で楽しむことができるのも、スピンオフ作品の大きな魅力だ。そして昨今、ドラマのスピンオフを動画配信サービスで展開する、というケースが増えている。

 例えば、『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)のスピンオフドラマとして製作された『ドクターY~外科医・加地秀樹~』。『ドクターX』シリーズと言えば、現在放送中の『相棒』シリーズと並ぶ、テレビ朝日系列の高視聴率作品だ。“腹腔鏡の魔術師”と称されるほど、エキスパートな腕前を持つ加地秀樹(勝村政信)は、お金には目を奪われるものの、出世にはあまり興味を抱かないという一面も。そんな、主人公・大門未知子(米倉涼子)に並ぶ、個性的なキャラクターを持つ加地が主演の『ドクターY』は、第1弾が2016年に、第2弾が2017年にそれぞれ放送。そして今年9月に第3弾が、KDDIの動画配信サービス「ビデオパス」と、「テレ朝動画」で配信された。

 また、今年放送された『ゼロ 一攫千金ゲーム』(日本テレビ系)のスピンオフ作品は、Huluで配信された。NEWSの加藤シゲアキが主演を務めた本作は、同グループの小山慶一郎、増田貴久、手越祐也らの友情出演が話題に。Huluでは、『ゼロ エピソードZERO』として小山、増田、手越がそれぞれ主演を務める作品としてスピンオフが制作された。日本テレビ系のドラマでは、これまでにも『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』『ゆとりですがなにか』『トドメの接吻』などのドラマもHuluでのスピンオフ作品の配信を行い、積極的に動画配信を展開している。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる