>  > 新しいiPad Pro、MacBook Air、Mac miniを発表

Apple、新型iPad Pro、MacBook Air、Mac miniを発表 確実な進化に海外メディアは高評価

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは10月30日、新製品を発表する特別イベントを開催した。発表された新製品とその新機能に関しては大方の予想通りであり、「確実に進化するApple製品」という昨今の同社に抱かれるイメージを改めて印象づけた。

美しく大きな画面の新しいiPad Pro

 今回の発表で筆頭となるのは、やはり長らく新モデルのリリースが噂されていた新しいiPad Proだろう。今回発表されたのは11インチと12.9インチの2モデルなのだが、いちばんの特徴はベゼルレスかつノッチなしというデザインを採用して、かつてないディスプレイの専有面積を実現したことだ(下の画像参照)。ホームボタンもなくなり、代わりにiPhone Xシリーズに採用されているTrue Depthカメラを実装したことにより、Face IDによってロック解除する仕様となった。

画像出典:Apple「新しいiPad Pro概要ページ」

 ディスプレイを端末のエッジ近くまで広げることはできたのは、iPhone XRでも利用されているLiquid Retinaディスプレイを採用したからだ。また、端末の処理能力を司るチップにはA12X Bionicが使われた結果、ほとんどのノートPCより高速な処理を実現した。さらに、コネクタはUSB-Cの規格が採用され、周辺機器との接続において利便性が高まった。

 Apple Pencilも新世代モデルが発表された。ペンをダブルタップすると消しゴムを含めた描画機能の切り替えができ、ペアリングと充電はiPad Proの側面に組み込まれた磁石につけるだけで可能となった(下の画像参照)。

画像出典:Apple「新しいiPad Pro概要ページ」

 ストレージ容量は64GB256GB512GB1TBが用意され、価格は11インチモデル64BG89,800円、12.9インチモデル64GB111,800円となっている。

操作しやすいMacBook Air、コンパクトなMac mini

 新しいMacBook Airも発表された。同シリーズの外見上の特徴であるウェッジ型ボディ(横から見るとくさびのように見える)のデザインを踏襲しながら、ベゼルが細い13.3インチの高解像度Retinaディスプレイを採用している(下の画像参照)。ロック解除には、iPhoneシリーズに実装されている指紋認証技術Touch IDが使われた。さらに、感圧タッチトラックパッドが実装され、トラックパッドを押す指の圧力に応じて様々な操作を割り当てることができるようになった。

画像出典:Apple「新しいMacBook Air概要ページ」

 また、予想されていた通り新しいMac miniが発表された。4年ぶりの新モデルとなった同製品は大幅な処理能力の向上が図られた結果、例えばiOSアプリの開発環境であるXcodeを使ってアプリをビルドする場合、前モデルに比べて2.2倍速くなった。処理能力の向上を実現しながら、製品の大きさは前モデルと同じ19.7cm x 19.7cm x 3.6cmとコンパクトである(下の画像参照)。

画像出典:Apple「新しいMac mini概要ページ」

 なお、新しいMacBook Air128GBステージモデルが134,800円、新しいMac mini128GBストレージモデルが89,800円となっている。

      

「Apple、新型iPad Pro、MacBook Air、Mac miniを発表 確実な進化に海外メディアは高評価」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版