Yesの記事一覧

(3件)

ピンク・フロイドやキング・クリムゾンと並び英国を代表するプログレッシブ・ロック・バンドとして知られるイエス。当初はサイケデリックな要素を含んだアート・ロック・バンドとしてデビューし、3作目以降から10分を超える楽曲にソロ・パートなどを含んだ構成力豊かな独自のスタイルを確立した。多くのプログレ・バンド同様、時代によって目まぐるしいメンバー交代を行ってきた彼らだが、黄金期といわれるのがジョン・アンダーソン(vo)、クリス・スクワイア(b)、スティーヴ・ハウ(g)、ビル・ブラッフォード(ds)、リック・ウェイクマン(key)によるラインナップで『こわれもの』『危機』といった不朽のロック・クラシックを次々に生み出した。70年代後半にバンドの顔であるアンダーソンが脱退し低迷期を迎えたイエスは、残されたオリジナル・メンバーであるクリス・スクワイアがバンドを再建。新たに迎えたギタリスト、トレヴァー・ラビン、復帰したジョン・アンダーソンと共に83年アルバム『ロンリー・ハート(90125)』を発表。時代に呼応するようにコンテンポラリーなサウンドに変貌し、当時としては画期的であったサンプラーを駆使した「ロンリー・ハート」のシングル・ヒットにより見事復活。90年以降もイエス名義でのアルバムを発表しつつ、新旧メンバーを織り交ぜたリユニオン・ツアーを定期的に行っている。