『おっさんずラブ』春田がヘッドハンティングで転職!? 武蔵が元気すぎる理由も明らかに

『おっさんずラブ』春田が外資系に転職?

 田中圭主演のテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-リターンズ-』の最終話では、余命1カ月のはずの黒澤武蔵(吉田鋼太郎)が元気すぎる理由が明らかになる。

 2018年に放送されたドラマ第1シリーズ『おっさんずラブ』から5年。続編となる本作では、アラフォーになった“はるたん”こと春田創一(田中圭)と牧凌太(林遣都)の“夢の新婚生活”が描かれる。さらに、彼らの新居に早期退職して再就職を果たした“家政夫の武蔵さん”こと武蔵も乱入。春田と牧、そして武蔵が、周りの人々を巻き込みながら、家族や結婚とは一体何なのか、新しい“愛のカタチ”を模索していく。

 余命1カ月と宣告された武蔵が、愛しの“はるたん”と永遠のライバル・牧にビデオメッセージで伝えた想い。それを見て走り出す春田、泣き崩れる牧。さらに、武蔵の異変を察知し、ホームパーティーで、元気づけようとする仲間たちとの絆が描かれた第8話。ところが、1カ月が経っても元気な武蔵は、「なぜだ? なぜ俺はこんなに……元気なんだ……?」と呟く。

 当たり前のように自分たちのそばにいてくれた武蔵が余命宣告をされたことで、これまで考えてもみなかった“命”について考え始めた春田。自分も牧も、自分たちの親も、大切な仲間たちも、この先ずっと元気でいられる保証はない。明日突然、“何か”が起こることだってある。“自分はたとえ明日死んでも後悔しないよう一生懸命生きているのか?”と、ひとり悶々とする春田。挙げ句その思考は“俺は優秀な牧にふさわしい人間なのだろうか?”というところまで突き進む。

 すると、そんな春田に外資系大手不動産会社からヘッドハンティングが。しかもポジションは牧と同じ“課長”と聞いて、心が揺れる春田。仕事のかたわら、ビジネス英語の本を読み始め、徐々に、牧が作ってくれた大好物の唐揚げも食べられないくらい、悩みこんでしまう。そんな春田の異変に気付いた牧は、“らしくない”様子が心配でならず、悩んだ末に、思いきって永遠のライバル・武蔵に連絡をする。

 一方、和泉にとうとう抑えきれない想いを打ち明けたものの、自らその恋心を封印すべく、新たな任務を機に家を出た菊之助。春田と共に亡き恋人・真崎秋斗(田中圭/二役)の墓参りをし、ついに前に進む覚悟を決めた和泉は、家を出て行ったきりの菊之助のことを気にかけていた。さらに、元カレ・牧を“これ以上ない最高の恋人”だと確信し、さらなる恋愛迷子状態に陥っていた武川政宗(眞島秀和)にも、とうとうパートナーが現れる。

 田中が「『おっさんずラブ』らしいラスト」、吉田が「今年一番の驚きになるのではないかと! あっと驚く最終回」と語る最終回。それぞれがたどり着いた愛の結末、そして春田が愛する牧と一緒に見つけた“家族のカタチ”が描かれる。

20240229-ossans-04
20240229-ossans-02
20240229-ossans-01
previous arrow
next arrow
20240229-ossans-04
20240229-ossans-02
20240229-ossans-01
previous arrow
next arrow

■放送情報
『おっさんずラブ-リターンズ-』
テレビ朝日系にて、毎週金曜23:15~0:15放送
出演:田中圭、吉田鋼太郎、林遣都、内田理央、眞島秀和、大塚寧々、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、井浦新、三浦翔平ほか
脚本:徳尾浩司
音楽:河野伸
ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー:貴島彩理(テレビ朝日)、神馬由季(アズバーズ)
監督:瑠東東一郎、山本大輔、Yuki Saito
制作協力:アズバーズ
制作著作:テレビ朝日
©︎テレビ朝日
公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/ossanslove_returns/
公式X(旧Twitter):https://twitter.com/ossans_love
公式Instagram:https://www.instagram.com/ossanslove/

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる