世界を揺るがした闇サイトの実話から生まれたサスペンス 『シルクロード.com』公開決定

『シルクロード.com』公開決定

 世界を揺るがした闇サイトの実話から生まれた映画『Silk Road(原題)』が、『シルクロード.com ―史上最大の闇サイト―』の邦題で2022年1月21日より新宿バルト9ほかにて全国公開されることが決定した。

 2011年、検索エンジンではヒットしないダークウェブと暗号通貨“ビットコイン”という二つの暗号化技術を用いて、違法ドラッグから武器の売買、殺人依頼まで完全匿名で取引可能にした闇サイト「シルクロード」が誕生した。“闇のAmazon”、“ドラッグのeBay”とも呼ばれ、1日の売上げは1億円超え。警察、FBIのサイバー操作を完璧にかわしていたが、2013年、遂に追い詰めたのは、パソコンも使えないアナログ捜査官だった。

 「シルクロード」を立ち上げた天才ロス・ウルブリヒトを演じたのは、『ジュラシック・ワールド』のニック・ロビンソン。捜査官リック・ボーデン役を『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のジェイソン・クラークが担当した。監督を務めたのは、『ナイト・ストーカー:シリアルキラー捜査録』のティラー・ラッセル。

 天才的な頭脳に恵まれたロスは、自由な世界を求め、表では絶対に買えない違法物を匿名で売買できる闇サイトを立ち上げた。「シルクロード」と名付けたサイトは、瞬く間に熱狂的なブームを巻き起こし、栄華を極める。派手な動きですぐに警察にマークされるが、ロスは絶対に身元がバレない強固なシステムを創り上げていた。そんなロスを追う捜査官の中に、一人のはぐれ者がいた。問題行動を起こし、麻薬捜査課からサイバー犯罪課へ左遷されたリック・ボーデンだ。アナログ全開で足手まといのリックだったが、独自の捜査でロスとの接触に成功する。リックが考えた驚愕の捜査方法とは。そして2人を待つ運命とは。

■公開情報
『シルクロード.com ―史上最大の闇サイト―』
2022年1月21日(金)より、新宿バルト9ほかにて全国公開
監督・脚本:ティラー・ラッセル
出演:ジェイソン・クラーク、ニック・ロビンソン
原案:デヴィッド・クシュナー
配給:ショウゲート
2021年/アメリカ/スコープサイズ/5.1ch/117分/原題:Silk Road
(c)2020 SILK ROAD MOVIE,LLC ALL RIGHTS RESERD.VE
公式サイト:http://silkroad-movie.com
公式Twitter:@silkroadcom_jp



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる